のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

リフレックスリムのホイールを組み換えました  

今日もホイー(以下略)。ではありません。
昨日組んだのですが 記事にする時間が無かっただけです。
DSC07565amx5.jpg
DSC07567amx5.jpg
お客さんから マヴィックのリフレックスリムで組まれたホイールをお預かりしました。
ハブは105の32H、スポークはコンペティションで

DSC07566amx5.jpg
DSC07568amx5.jpg
前後輪ともロクロクイタリアン組みです。
カッチリと張ってはいませんが、異常にヌルいというわけでもありません。
いかにも普通に組んだという感じです。
これをトラディツィオーネのハブで組み換えてほしいということなのですが、
105のリヤハブが 変にバラされた状態だったので

DSC07571amx5.jpg
ハブフランジにスポークテンションがかかっているうちに
再組み立てと 玉当たり調整をしておきました。

DSC07572amx5.jpg
前輪が組めました。

DSC07573amx5.jpg
32H CX-RAYロクロクイタリアン組みにしました。
この銀ハブを使う理由というのは たいてい「趣き重視」なので
お客さんのフレームが何か伺ったところ、
やはり細身のスチールフレームだったので
タンジェント組みにしています。

銀リム銀スポーク銀ニップル銀ハブでホイールを組もう、と思った場合
なかなか良いものが無いのです。
予算が許すなら クリスキングなどもいいですが。

DSC07574amx5.jpg
ハブのロゴは控えめですが、
ちゃんと書いてあるので要注意です。
要注意な理由は バルブ穴から覗いたハブの位相をここに持ってきたいから、
なので 乗り手ではなく組み手の話ですが。

DSC07585amx5.jpg
後輪も組めました。

DSC07586amx5.jpg
半コンペヨンロク組み結線ありです。
もし昨日の時点で記事にしていれば
「結線はあとでやります」と書いていたはずです。

左右同径フランジで 反フリー側のフランジ径がそこそこ大きいので
スポークの重なりにビビらず8本組みが出来る、と思ったのですが
リム高がそこそこ低いので スポーク長さが取れず無理でした。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2536-3145ce18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター