のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

オープンプロの前輪を組み直しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07870amx5.jpg
650Cのオープンプロの組み直しの続きです。
後輪は すでに黒半コンペで組み換えましたが、
DSC07871amx5.jpg
前輪は5800ハブ32H黒レボリューションロクロクイタリアン組みから
9000ハブにして 組み方を同じで黒コンペにします。

全CX-RAYでも全コンペでも、うにょーん発生の閾値に突っ込むまでに
オープンプロの規定限界のほうが先に来るので
事実上 うにょーんが起こるのにビビる必要なくホイールが組めます。

レボリューションからコンペティションへ組み換えるので、
同じメーカーのスポークで価格・グレード・重量から見れば
一見デチューンのようですが、
組みあがったものの体感性能は 乗り手に「前より良くなった」と
思ってもらえる自信はあります。

ちなみに これ、先日の後輪の組み換え前の状態よりは
幾分 張れてはいますが もうちょっと頑張ったほうがいいかと思います。

DSC07872amx5.jpg
レボリューションは CX-RAYとほぼ同じスポーク比重ですが、
ねじ山側のバテッド始まりが早いので
スポークカッターで調整できる長さが ごく限られています。
左右同本組みの後輪で フリー側が反フリー側より2mm短い場合に
反フリー側から フリー側のスポークを切り出す、
というのがギリギリ出来るかどうかといったところです。
だからと言って

DSC07874amx5.jpg
あり合わせの長さでホイール組むんじゃねーよ。

黒スポークで 端面も黒いということは、
スポークカッターで作った長さではないので
間違ってカットし過ぎたというわけではなく
在庫で持っていた長さがこれだったか、
長さをしくじって発注したスポークで押し切ったかのどちらかです。

DSC07875amx5.jpg
組めました。

DSC07876amx5.jpg
1体では足りなかったようなので。

DSC07877amx5.jpg
全黒コンペロクロクイタリアン組みです。

DSC07878amx5.jpg
↑黒スポークをカットした端面

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2564-687cbc96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター