のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ゾンダさん  

お客さんから ゾンダをお預かりしました。
DSC08064amx5.jpg
前後輪ともお預かりしていますが、
後輪がとくに重篤です。

キシリウムエリートのスポークによく似た、
扁平幅の大きなスクエアエアロスポークのモデルです。
お客さんが年代を知りたがっていたので調べましたが、
2006年が初出で 2009年まで同スペックで継続です。

修理の依頼内容ですが「フリーボディにガタがある」という症状です。
確かにスプロケットを持ってゆすると かなりのガタつきがありますが、
ハブシャフトがしなるわけはないので
フリーボディのベアリングが壊れていると思われます。

それとは別に、ハブの玉当たり調整がゆるんでいて
シャフトの横ガタが出ていました。
さらに、回転の感触から ひどい虫食いがあることは間違いないので
それについてはパーツ交換無しには 直せません。

DSC08067amx5.jpg
フリーボディを外しました。
画像の状態は 汚れを拭いてはいますが、
シャフトのもらい錆びはひどくありません。意外です。

DSC08068amx5.jpg
ハブのガタを直したいのですが、
玉当たり調整ナットの締め込みボルトの
6角穴がナメていて工具がかかりません。
ナメてんじゃねーぞ。

DSC08069amx5.jpg
ドリルで
DSC08070amx5.jpg
頭を吹っ飛ばして
DSC08071amx5.jpg
ナットの割りを開いたので ゆるみました。

DSC08087amx5.jpg
DSC08088amx5.jpg
↑時系列でいうと この状態はかなり後になりますが、
以前に書いた通り このねじ単品での販売は無く、
玉当たり調整ナットごとの供給となりますが
税別定価で5000円以上するので
ねじの取り扱いには十分な注意が必要です。

今回はたまたま通りかかった コートを着た鉄仮面の男が
「これを使うといい」と言って ねじ単体をゆずってくれました。

DSC08072amx5.jpg
一応、ハブの洗浄とグリスアップはしておきます。

DSC08074amx5.jpg
これは反フリー側ですが、玉押しが虫食っています。
DSC08077amx5.jpg
ワンも虫食っています。

DSC08078amx5.jpg
フリー側は さらにひどいです。

このゾンダですが、前後輪とも リムのブレーキゾーンが
丸く反るほど摩耗しているので(リヤリムのほうがひどい)
リムの交換を考えないなら そう長くは使えそうになく、
お客さんのほうでも「ローラー台だけで使うつもり」とか
「もうちょっと使えればいい」という感じなので
費用があまりにかかるパーツ交換を お望みではありません。
フリーボディのガタについては 普通に使うのも無理なので
パーツ交換で修理せざるを得ませんが。

DSC08080amx5.jpg
↑ハブの中身です。
あのーすいません、ドブの臭いがするのですが・・・。

フリーボディのベアリングも外して ぶちまけていますが、
DSC08079amx5.jpg
あまりに摩耗していたので ボールの保持器が
外輪から 外れてしまいました。
フリーボディのガタは これが原因です。

あと「作業中に外したベアリングの左右の区別を付けているの?」とか
そのうちコメントで訊かれるかもと思っていたら
そんなことは無かったわけですが
DSC08083amx5.jpg
こう見えて ちゃんと分けております。
右側のベアリングが USBみたいに黒ずんでいるわけですが、
これは玉押しの摩耗がひどかったフリー側です。

DSC08085amx5.jpg
ハブ体側のラチェットの山が摩耗しています。
実はこの部分も脱着可能で、パーツの価格も 3個1セットで設定されていますが、
これは サービスセンター オンリーということになっていて
小売店への販売はしていません。
これを取り外す専用工具もサービスセンターにしかありません。
当店も カンパニョーロジャパンさんに頼んで
ここを修理してもらったことがあります。
今回は「交換してもよさそうな事例だけど ほっとく」わけですが
交換は可能です。

DSC08090amx5.jpg
フリーボディの爪起こしバネが ゆがんでいました。
爪が起きないわけではないですが、
高価なパーツではないので これは交換しておきます。

DSC08092amx5.jpg
フリーボディのベアリングは 手前と奥の両方ともを新品にしました。
今回は純正品です。こういう書き方をすると
たまには シール片開きではなく 両側シールの汎用品で対応しています、
という含みを持たせていると思われそうですが その通りです。

フリーボディのガタですが、きれいに無くなりました。

点検ですが、意外にも 振れほぼ無しセンターバッチリでした。
この点だけでいえば 吊るしの新品のほとんどより上です。
どこかで振れ取りだけしてきた、という可能性も考えられますが
お預かりした時点のハブの横ガタでは 追い込んだ振れ取りが難しく
センターゲージもまともに当てられないので それはたぶん無いです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2581-7b356a02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター