のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウムエリートさん  

お客さんから キシリウムエリートをお預かりしました。
DSC08002amx5.jpg
DSC07995amx5.jpg
うっすらとセンターずれありでしたが、うっすら過ぎて
横振れ取りで リムセンターが反対側にずれました(もちろん直しました)。

DSC07997amx5.jpg
今作から、キシリウム125に準拠した のっぺりリムとなっています。
リム単体の重量までが一緒かどうかは知りませんが。

先代のキシリウムエリートも リムは違いますが黒スポーク仕様、
先々代は銀スポークで しかも最終交差(第2交差)を編んでおり
その絡みで(ホイールの性質には影響しませんが)第1交差も
スポークが接触していました。
黒スポーク化と交差の編みをやめたのが 同時であることから、
黒スポーク同士の接触による異音の発生を気にしているものと思われます。
ただ、キシリウムエリートのスポークは
かなり幅の広いスクエアエアロ形状なので スポーク同士は面接触となることと、
スポーク比重が大きく 応力に対して変形が少ないなので
異音が鳴りにくい条件下ではあります。


DSC07999amx5.jpg
↑第1交差
DSC08001amx5.jpg
↑第2交差
でも黒スポークだからか 編んでいません。

あと、キシリウムエリートのフリー側は
0本組みながら スポークヘッドの位相を絞った疑似ラジアル組みだったのですが
今回は普通にラジアル組みです。
無理やり理由を考えるなら、疑似ラジアル組みのほうが
一応 ねじれに強いのかも知れません・・・が おそらく体感できない差です。
後輪がオプトバルになっている シマノの前輪も
非ラジアル組みの0本組みですが あれの理由も分かりません。
駆動輪じゃないので 下りのコーナーでヨレにくくするためかも知れませんが
ローハイトリムで16Hの前輪ということが まず間違っているので
スポークパターン以前の問題です。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2586-a7e93ed7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター