のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

VOLT1600を買いました  

キャットアイのHL-EL1010を買いました。
DSC08117amx5.jpg
ペットネームのVOLT1600のほうが通りがいいですね。
上の画像 左は今まで使っていたVOLT1200ですが、
以下それぞれ1200、1600と呼ぶことにします。

DSC08118amx5.jpg
はじめに見た画像では 1600のほうがスリムに見えたのですが、
本体が長くなっていただけでした。
バッテリーと本体の境目から操作ボタンまでの距離は同じなので、
それより先が長いわけです。

DSC08119amx5.jpg
1200より1600のほうがあかるかったです。
1200もあかるいですが1600のほうがあかるかったのでびっくりしました。

という感想で終わりたいところなのですが、
使い勝手が少し変わっているので それについて書きます。
DSC08138amx5.jpg
↑まず これが、公称の標準連続点灯時間です。
実際の使用感としては もう少し長持ちするのですが、
そこは控えめに発表する日本企業の奥ゆかしさです(たぶん)。

点灯モードの名前が それぞれ変わっていますが、
1600のほうが分かりやすいので問題はありません。
このうちのハイパーコンスタントというモードですが、
これは点灯状態のまま定期的にフラッシュするというモードです。
以前にも書きましたが、これは点灯状態で点滅するという性質上
消灯の瞬間が無いので 道交法上の前照灯の点灯という条件を満たしつつ
通常の点灯よりも存在をアピールできる・・・ということになっていますが
私には これの使い道がさっぱり分かりません。
フラッシュがかなり明るいので、車が走っているような路肩で
ハイパーコンスタントにすると煽っているような状態になり
車にとっては まぶしくて危ないと思うのです(どちらの身も)。
かといって 街灯の無い夜道や 山道でこれにすると、
地面の凹凸が 通常の点灯よりも分かりづらいので
急な穴ぼこや異物の存在に気づきにくく
前照灯としてはかえって危険だと思うのです。
「いや、ブルべではハイパーコンスタントは非常に有用で、
一番使うモードは これだ!」という方もおられるかも知れないので
その場合は 私の見識不足ということで お許しください。

DSC08140amx5.jpg
まずは1200の使い方から。
長押しが点灯/消灯で、短押しがモード切替えです。
私の使い方では、ダイナミックとオールナイトだけに切替えできればいいので
オールナイトからダイナミックにするには
ハイパーコンスタントを経由する必要があります。
これが状況によっては周りの車に迷惑になるという場合、
ライトの前を手で塞ぎつつ 操作ボタンを押して
ハイパーコンスタントをやり過ごすようにしています。

上の図では点滅に切替える矢印が無いですが、
DSC08142amx5.jpg
点滅へは通常の循環モードからWクリックすることで 切替えができます。
点滅から戻るのは短押しです。Wクリックしても何も起こりません。

ということで、1200ではWクリックしない限り
点滅モードになることはありません。

DSC08143amx5.jpg
説明書に書いてあるのに あまり知られていないことですが、
1200は消灯からWクリックすると 点滅でスタートします。

DSC08147amx5.jpg
つづいて1600です。
点滅が循環モードの中に組み込まれたので
操作手順はシンプルになりました。
が、私にとっては これが曲者でして
ローからハイに切替えるのに ハイパーコンスタントと
点滅の2つを経由しないといけません。
これが非常にうっとうしい、と思っていたら

DSC08148amx5.jpg
1600では「消灯も含めて ハイ以外の状態からのWクリックは全てハイに切替わる」
というふうに Wクリックが割り当てられており、これを知っていれば

DSC08150amx5.jpg
私の使い方では この範囲だけで切替えが出来ることになります。
これに気付いてからは かなり使い勝手が良くなりました。
(1200も1600も、長押しで点灯した場合は
記憶されている 消灯したときのモードで点灯します)

追記:訂正記事があります(→こちら


あとちょっと要望というかイチャモンですが、
充電に ACアダプタではなくUSBを使っているのだから、
専用ソフトをダウンロードして本体と接続し 用途をカスタマイズすることも
理論上はできると思うので、何とかしてほしいところです。
例えば使わないモードをスキップできるとか、
1600であれば 1600ルーメンを上限としてハイ・ミドル・ローを
それぞれ200ルーメン刻みで任意の明るさに設定できるとか、
あと繰返し充放電回数を数字で把握できるようにするとか・・・。

繰返し充放電回数ですが、電動アシスト自転車のバッテリーでは
ボタン操作でだいたい把握できる機能があります。
あまり知られていないので裏モードみたいなものですが。

1200も1600も、300回の使用で定格容量が
70%まで低下するということになっていますが
現状 私の1200は回数がそれぐらいで
連続使用時間が 新品の公称値より少し短いかな、
という程度です。この点は非常に満足しております。

DSC08149amx5.jpg
1200は、日頃お世話になっている人に差し上げるので
その前に バッテリーを新品にします。
ボルト300型のライトと違い 交換には工具が必要ですが、
この ゴキブリの卵システム(最悪なネーミング)は
たいへんよく出来ております。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2591-76347c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター