のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

店舗在庫をヤ○オクでさばいてはいけません  

お客さんから キシリウムSLEの後輪をお預かりしました。
DSC08238e.jpg
ハブの回転がノッソリしているということです。

私が見たところでは、
ハブベアリングの回転は接触式シールならありえる範囲でしたが
フリーボディの空転は非常に抵抗がありました。

お客さんのほうでも「おかしい」と思って
当店に持ってこられるくらいなので
気のせいである確率は低いと思うのですが、
これを買ったショップで相談したところ
「こんなもんとちゃうか」と言われたそうです。

お客さんが まずは購入店で訊く、というスジは通したので
これの販売店は お客さんが 次に当店に持ち込んだことについて
キレる筋合いは無いわけですね。

そのショップを 私が言い当てたことに
お客さんが非常にびっくりしていましたが、
ヒントは あり余るほどあるので分かります。


最近、技術的な面で メッキが剥がれて
お客さんが離れていることに悩んでいるかもしれませんが、
それはこういうことの積み重ねだと思いますよ。
近日中に 別件の同じような話を書きますが、
自分のところで売ったものの面倒くらいは
まともに見てさしあげろ

と思います。

DSC08233e.jpg
↑まずはフリーボディを外しまして・・・
DSC08236e.jpg
↑この部分に形成された黒い汚れのリングが
フリーボディの回転がノッソリしている原因です、と
お客さんに説明しました。
しまった洗浄後の画像を間違えて載せてしまった(棒読み)。

ハブベアリングの回転ですが、
反フリー側の6901LUにのみ ちょっと注油しました。
LUというのはNTNの接触式シールの品番で、
LBが非接触式となります。
当店にある6901LBと交換すれば回転は軽くなること、
しかしマヴィックは 防塵性を重視してあえて接触式にしているので
初期性能の維持コストなどを考えれば
LUのほうがいいという考えもあることを説明し、
シールはベアリングの外輪にはまっていて
シールの内側の膜が 内輪に擦っている具合を
注油のためにシールをめくるついでに見てもらいました。

結果 ベアリングを交換せずに、フリーボディの空転だけでなく
ハブベアリングの回転のほうも「軽くなってる!」と言ってもらえたので
お持ち込み時の状態が普通に「こんなもん」ではなかったということは確かです。

点検ですが、リムが反フリー側に1円玉1枚分ほどずれていました。
オチョコがある後輪は 経年使用でリムがフリー側にずれていくので
(R-SYSを除く)、反フリー側にこれだけずれているというのは
最初っからです。

あと最後に書いておきますが、
キャノン○ールとマヴ○ックの店舗在庫を ヤ○オクに出すのは
本当にヤバイので やめたほうがいいですよ。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2604-da5b785e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター