のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

クロスマックスさん  

お客さんから クロスマックスをお預かりしました。
DSC08294amx5.jpg
DSC08293amx5.jpg
CDセラミック処理されたブレーキゾーンを持つ、
Vブレーキ用のホイールです。
マヴィックの当時のXC用リムのX517とその後継のXC717は、
ロード用リムのオープンプロのリム幅を広くした代わりに
リム径を小さくしたようなもので 結果 重量はほぼ同じ、
という関係にありますが
このクロスマックスも 同時期のキシリウムSLとほぼ同重量です。

後輪のテンションがややヌルくなっていたので 少し張りました。
それ以外は普通の振れ取りをした程度です。

キシリウムのリヤハブは、反フリー側に6903(外径30mm)という
ハブに使うには ちょっと大きいベアリングが入っていたのですが、
最近のキシリウムだと6901(外径24mm)が使われています。
リヤハブのフランジ周りのサイズは昔と変わっていないので、
現行のリヤハブの反フリー側は、中の空間に対して
ベアリングが妙に小さく見えます。
6901はキシリウムのフロントハブ両側に使われているサイズでもありますが、
このクロスマックスはフロントハブの両側が6903です。
しかも例によって接触式シールなので、
たいていの人にとってはオーバースペックなまでに頑丈です。
最近はオフロードで使っていないそうですが、
それでも10年近く使っていてベアリングは ほとんど何ともありませんでした。
「マヴィックのベアリングは 回転が重い」だのと言って
安易に交換される傾向がありますが、
メーカーの思うところの仕事をきっちりしているという点は
もっと評価されてもいいと思います。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2612-df07ffdf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター