のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール6号の前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC08480amx5.jpg
のむラボホイール6号の前輪を組みました。

DSC08481amx5.jpg
エボライトハブ20H CX-RAY反ヌポークラジアル組みです。
これとは別件で、つい先日お客さんにお渡しした のむラボホイール6号の後輪で
チェーンをローギヤより内側に落として傷が付いた
ヤマアラシさん方向のヌポーク6本を全交換するという作業を 今日したのですが、
それよりも この前輪を組む方が時間がかからなかったです。

DSC08479amx5.jpg
私には、お客さんから よく訊かれるものの
即答できないことに対して 意外に思われることが 1つあります。
実は私は、のむラボホイールの各モデルの完成重量を即答できません。
リムの重量は もちろん即答できますが、
ホイールは その外周部重量をブン回しているだけの物体なので
リムの重量と、それに対して より硬く組めたかどうかだけが
私にとって重要なことなのです。
たまに書いていることですが
「ホイールを前後合わせて千何百g以下になるかどうか」みたいなのも
わりとどーでもいい指標です。
(完成車重量を6.8kgギリギリで組むために必要、
というのを いま思いつきました)

このホイールで言えば「310gのリムのホイール」という情報だけが重要で、
あとは なるべく硬く組めていて
できればそれがレイノルズのUL32や シマノのC24TUなどより
上であれば なお良いといったところでしょうか。

例えばデュラエースのフロントハブに20Hは無いですが、
仮にあったとして それで組んだ場合
この前輪は500g台になってしまいます。
その重量増分はホイールをブン回す重さに
ほぼ迷惑をかけていません。
ノーメンテで酷使した場合のハブの傷みにくさは
Tniよりシマノのほうが優れているので
重量増が 一概に性能ダウンとも言い切れません。

でも今日「のむラボホイール6号の前輪って重量どれくらいですか?」と
お客さんに訊かれたので測ってみました。こんな感じです。

ホイール重量ですが、覚えてはいませんが 計算することはできます。
スポーク比重から出した推定スポーク重量が
20本で93.88gなので 94gとして、
ハブ60g、ニップル7g、リム310gなので
概算重量は合計で471gです。
と かなり正確に出せますが 電卓無しには計算できないので時間がかかります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2621-69c9a2f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター