のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ホリゾンタルのLOOKフレームを買いました(11年ぶり2回目)  

LOOKのAC364というピストフレームを買いました。
DSC09032amx5.jpg
DSC09033amx5.jpg
ペダルの品番がPP~、フレームの品番がKG~から始まっていたころの
LOOKでは、KGのあとに続く番号で
フレームの年代・グレード・素材と工法が
だいたい正確に分かったものですが、
その法則はKG481(後ろにあるフレーム)を最後に無くなり、
次のフラッグシップモデルの585あたりからは
「数字がでかいほうがなんとなくエライ」ぐらいになっています。
KG481の場合は、
百の位の4が年代となり
181→281→381i→481となっています。
381iの「i」はインテグラルヘッドを採用したからというものありますが
iMacの影響からか 何かと小文字のiを付けるのが
当時 流行していたという わりと軽い理由です。
十の位の8はグレードです。
実際、481の下位モデルは461や451です。
481の系統の純粋下位モデルとしては
461ではなく451になると思いますが
(外ラグ式で シートポスト径が25.0mmなので)。
一の位の1は素材と工法で、カーボンチューブ+アルミラグ式という意味です。
カーボンモノコックだと6になるので、末尾が6のフレームの上位モデルは
186→286→386i→486という変遷になっています。
実は585は ギリギリこのルールに則っています。
4→4の次で→5
8→同じグレード→8
1→カーボンラグは5なので→5
585の次は十の位が増えた595と
一の位が増えた586が併売されますが、
これはどちらもフラッグシップモデルという扱いです。
価格は595が3万円高いだけで、
フレーム重量は586のほうが100g軽くなっています。
平地のレスポンスは595、ヒルクライムは586といったところでしょうか。
586は、系統的には486と何の関係もないので
このあたりから品番に意味が無くなってきます。

で、LOOKのピストフレームは
アルミモデルのAL464Pというのが 2011年に出て、
クロモリモデルのAC364が2015年に、
カーボンモデルのCR564Pが2016年に出ました。
AC364だけ末尾にPがありませんが とにかく、
364がクロモリ 464がアルミ 564がカーボンで
末尾64がピストモデル、という法則めいた状態になっています。
が、これらは昔の法則とは何の関係もありません。
実は2002年モデルに 同名でAL464Pというモデルがあるのですが
これはアルミ前三角+カーボンバックという仕様です。時代を感じます。

末尾が96の ○96系統だけは唯一 未だに昔の法則に従っていて、
TTまたはトライアスロンまたは
世界選手権で使われるような決戦ピストのモノコックフレーム、という点で
現在から796→596→496→396→296→196まで さかのぼれます。
296と286、196と186は 共にTTフレーム然とした形状ですが、
386iや486は 396や496ほどには平べったくはありません。
○86系統はTTバイクではなく エアロロードに分化したということなのでしょう。
先ほど書いたように586は○86の系統ではありませんが。

また、2桁時代のフレームにKG96という名車がありますが
これはKG196の前身というわけではありません。

数字がでかいほどなんとなくエライ、と書きましたが
あくまで「なんとなく」です。
その法則に従えばMTBのリジッドフレームの986や
サス付きフレームの996がエライということになりますので。
今調べてたら986(26”)の 27.5”版が987、
29”版が989になっていました。
MTBフレームの一の位は現状
ホイールサイズを指すということになっています。


今回364を買ったのは、昨今珍しいホリゾンタルフレームだったからです。
もう一度ホリゾンタルのLOOKフレームを買う日が来るとは思いませんでした。
フレームカラーも懐古趣味的で、パイプもタンゲなので
私のような奴を釣るための日本限定企画モデル・・・だと思っていたのですが
本国サイトにもあるグローバルモデルです。一応。
TrackではなくUrbanというカテゴリーにあるので 街乗りピストに分類されており、
キャリパーブレーキの取り付けは前後とも可能です。
ボトルケージ穴は一切ありません(3本ローラー専用車にするとしても1つは欲しい)が、
これはリベッターナットで増設できるので問題ありません。
↑こんなことを書いていることには問題があります。

ヘッドホンや腕時計ではなく、自転車関係で
こういう新鮮な気持ちになるお買いもの体験が
また出来るとは思っていませんでした。
パーツについて あれこれ考えるのは本当に楽しいですね。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/04/23 17:05 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/04/23 18:21 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2685-7383cf6e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター