のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ヴィガーを組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC09149amx5.jpg
DSC09143amx5.jpg
お客さんから ロルフプリマのヴィガーをお預かりしました。
サピム製の丸穴用エアロスポークで組まれていますが、
CX-RAYよりスポーク比重の大きなスポークなので
前輪はCX-RAY化、後輪は半コンペ化を ご希望です。

DSC09145amx5.jpg
後輪にセンターずれがありました。
バラすので どうでもいいのですが。
前輪はチェック自体していません。

DSC09152amx5.jpg
切削カスの大物が取れました。
リム穴より大きいので 振っているだけでは取れません。

DSC09153amx5.jpg
組めました。
DSC09154amx5.jpg
前輪はCX-RAY反ヌポークラジアル組みです。

DSC09160amx5.jpg
ロルフプリマの内蔵ニップルですが、
こういう形の 妙に長いものが使われています。

DSC09162amx5.jpg
スポークとニップルの芯は リムに対して傾いていますが、
DSC09163amx5.jpg
外周側の穴は リムに対して真っ直ぐなので、
これを無理に工具でつかんでいる結果
DSC09164amx5.jpg
↑スポークが ねじ山部分の手前から曲がるような癖が付きます。
前輪がワイドフランジというのもあってか
元のニップルで組むのが少し苦しかったので、
必須というわけではないですが 六角形の寸法が同じで
より短いピラーの内蔵ニップルを使いました。
なので スポークの長さは 組み換え前より5mmほど短くなっています。

DSC09155amx5.jpg
DSC09156amx5.jpg
後輪は半コンペに置き換えただけで、組み方は変えていません。
フリー側ヌポーク・反フリー側反ヌポーク通しで交差の重ね方も同じです。
ニップルも使い回して スポーク長さも組み換え前に倣いました。

今回 珍しく タイヤ付きで撮影しているのは
このホイールのお客さんに向けたメッセージです。
組めてますぜ。

DSC09157amx5.jpg
組み換え後のタイヤはヴェロフレックスのコルサ25Cですが、
タイヤパターンを見る限り 片側しかないラベルが左側に来る形になります。
よく見ると 回転方向の指示がありますが、
これと 私が思う回転方向は合致しているので

DSC09158amx5.jpg
このタイヤ、左側にラベルが来ます。
2本とも そうでした。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/04/30 20:04 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2698-378be585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター