のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

GDRのボトルケージ穴を打ち直しました  

ドリルがうなる!
DSC09349amx5.jpg
お客さんからグラファイトデザインのメテオをお預かりしました。
ボトルケージのねじを ねじ穴に詰まらせた状態でひねり切ったので
何とかしてほしいということです。
マスキングテープを貼ってあるのは
お客さんのほうでリューターなどを使って何とかしようと思ったからですが、
それよりも現状保存のまま 当店でドリルがうなる!をしたほうが
いいだろうと判断されて何もせずにお持ち込みされました。
助かります。

逆に最悪なのは、リベットナットのカシメがゆるんで空転した場合に
瞬間接着剤を垂らしてその場しのぎとしている場合です。

DSC09350amx5.jpg
ねじの断面が尖っています。
うわー困った。

DSC09374amx5.jpg
↑図で描くと このような状態になっています。

DSC09375amx5.jpg
まずは ねじの中心にドリルのガイド穴をあけます。
今回はアルミのねじだったので 比較的容易でした。
ステンレスねじに中空穴を貫通させられる 細い超硬ドリルを
ワゴムイラーヌ(→こちら)を作ったときに
買っていますので それを使います。

DSC09376amx5.jpg
あとはガイド穴にドリル刃を通していって、

DSC09378amx5.jpg
リベットナットの外側フランジを切った瞬間に手を止めればOKです。

DSC09351amx5.jpg
ねじの中心(目測)にガイド穴をあけました。

DSC09353amx5.jpg
ぎゅいーん

DSC09356amx5.jpg
ぎゅいーん

DSC09357amx5.jpg
うまく切れました。
画像のフランジの、ギザの付いている側は
フレームに対して当たっていた側です。

DSC09359amx5.jpg
フレームの塗膜ですが、
リベットナットのフランジの形に盛り上がった空洞になっています。
ゆで卵の殻が剥けるように 塗膜の割れが広がると嫌なので

DSC09380amx5.jpg
切ることにします。

DSC09360amx5.jpg
替刃式のデザインナイフを使っていますが、新品の刃なのでサクサク切れます。
万年筆のペン先のように 刃の部分だけを交換できるナイフなのですが、
私は常に新品の刃しか使いません。
ひとつの作業を終えると刃を捨てます。
これは、そういうこだわりというわけでは無く
先っぽにかぶせるキャップを失くしたからです。

DSC09361amx5.jpg
塗膜を削ぎました。

DSC09363amx5.jpg
DSC09362amx5.jpg
新しいリベットナットを打ち込みました。

DSC09366amx5.jpg
古いリベットナットを回収しました。
DSC09365amx5.jpg
ほぼ目論見通りにドリルが通っています。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/05/14 05:11 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/05/19 09:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2732-68ee8b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター