のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラウルトラ80周年記念モデルさん  

お客さんから ボーラウルトラの80周年記念モデルをお預かりしました。
DSC00024amx5.jpg
DSC00022amx5.jpg
カンパニョーロ社の80周年記念モデルです。
ボーラウルトラが80年前からあるわけではありません(念のため)。

ちょっと前のモデルですが、未使用品のようです。
前後輪ともセンターずれありで、振れはほぼ無しでした。

DSC00023amx5.jpg
先日、カンパニョーロにジャパンいち詳しい問屋さんと
長電話をしたのですが、
ちょっと前に書いたある記事(→こちら)について・・・
消せ!と言われるかと思ったら 言われませんでした。
「消せって言ったら それをまた面白おかしく書くつもりでしょ?」
とは言われました。分かってらっしゃる。

電話をいただいたついでに ゾンダのスポークを また買い増しました。

先日の記事には誤りがありまして、リンク先も訂正していますが
「カンパニョーロジャパンではホイールの修理作業はしていない」とのことです。
私は頼んだことがないので知りませんでした。
スペアパーツの供給や 技術的質問に答えることはしてくれますが、
作業はあくまでもショップ側がしてくださいという体制になっています。
ただ例外的に、専用工具が必要になる特殊な作業だけは承っていて
EPSの内部部品や フリーボディのラチェットの受ける側のパーツ、
上位グレードのリヤメカの取り付けボルトの交換などは
むしろサービスセンター送りという形でしか修理ができません。
さらに例外として、先代のエルゴパワーレバーの分解修理だけは
サービスセンターでもしてくれたようですが
これは私のほうでも出来ますので頼んだことはありません。
パーツに不足さえなければ、すべてのパーツがバラバラの状態からでも
マニュアルを見ずに組み立てできますので。

それと もうひとつ。
今回のボーラウルトラは 50mm高/ナロー幅リム/内蔵ニップルですが、
現行のワイド幅リム/外出しニップルまでの過渡期に
ほんの1年だけナロー幅リム/内蔵ニップルという仕様が存在していました。
ただこれは50mm高リムのボーラウルトラだけであって
35mm高のモデルにはナロー幅リム/内蔵ニップルという
仕様は存在していないということです。

この2点について教えてもらいました。


それとは別の話になりますが、
カンパニョーロでは、リヤブレーキについて
デュアルピヴォットと ディファレンシャル(要はシングルピヴォット)のどちらを
標準的な仕様だと考えているかという話について。
以前は シングルピヴォット仕様しか在庫していない問屋さんもあったのですが、
現在ではシングルピヴォット仕様も「選べる」形になっている
スーパーレコードとレコードについては
どちらの在庫も持つように努めてくれています。

それより下位グレードのコーラス以下では
デュアルピヴォットブレーキ「しか無い」ので、
どうも こちらのほうが標準仕様ということのようです。

そして、80周年記念のコンポはスーパーレコードがベースとなっていますが
これにはリヤブレーキがデュアルピヴォット仕様のものしかありません。
という話を、このリムを見て思い出しました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2813-5804966a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター