のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

外付けバッテリーを前三角からチェーンステーに移しました  

ドリルがうなる!
DSC09509amx5.jpg
お客さんから トレックのバイクについて相談を受けました。
リヤ変速がおかしいが、近所のショップでは「こんなもん」だと言われたそうです。
これについて おかしい点は2つありまして、
まずリヤメカの取り付けエンドが明らかに曲がっています。
それとローギヤに変速した状態でリヤメカのパンタグラフを押すと
ローギヤより内側にチェーンが落ちます。
これはすぐに解決しました。

上の画像、配慮さんが隠しているのはショップのステッカーですが、
お客さんは このバイクの2番目のオーナーで、
最初のオーナーがこれを買ったショップのステッカーが貼ってあります。
購入店と 変速調整できないショップは別なので配慮しました。

それはいいとして、もうひとつの相談は
「前三角のバッテリー台座のせいでボトルケージを2つ付けられない、
何とかならないか」ということです。

DSC09510amx5.jpg
下ジャンクションは外装式です。
ダウンチューブの下か 左チェーンステーに、ショート台座用の
M4ねじ穴を増設すれば前三角からバッテリーを追い出せます。

左チェーンステーの場合は、フレームの形状との兼ね合いがあるので
必ずできるというわけではありません。
ダウンチューブ下の場合は、バッテリーの向きによって
どちらの場合でも ちょっと問題があります(後述します)。
相談した結果、左チェーンステーに移すことになりました。

DSC09513amx5.jpg
ボトルケージのM5穴に供締め+タイラップで暴れ止めという形式の
ロング台座を・・・

DSC09514amx5.jpg
M4穴で固定するショート台座に交換しました。

DSC09511amx5.jpg
クランクを外したほうが作業しやすいというのもありますが、
元のケーブルを外すのに邪魔なのでクランクを一旦外しています。
フロントメカのケーブルは、機械式の穴をうまく使っているので問題ありませんが
バッテリーへのケーブルを右側から通しています。
ここはチェーン落ちで断線する可能性があるので左側通しのほうがいいです。

DSC09512amx5.jpg
あと、ケーブル固定用のテープが剥がれてきていました。

DSC09515amx5.jpg
DSC09516amx5.jpg
DSC09517amx5.jpg
左チェーンステーに M4のリベッターナットを取り付けました。

DSC09518amx5.jpg
↑こんな感じ
DSC09519amx5.jpg
バッテリーを外すときに起こすレバーは外側に開きます。
下ジャンクションとバッテリー台座の間の余ったケーブルは
DSC00105amx6.jpg
機械式のワイヤーリードを外した穴が大きいので
そこに押しこんでいます。
先ほど 左側通しがどうこうと書きましたが
前三角に配線しないので 問題そのものが無くなりました。

DSC09520amx5.jpg
前三角がすっきりしました。
お客さんが「おお、長年の悲願が・・・」みたいなことを言っていましたが
確かにシングルボトルだと 遠出がキツイかも知れません。

ちなみに、作業前のボトルケージは もう使えません。

DSC00106amx6.jpg
↑これは私のシクロクロスですが、
DSC00107amx6.jpg
外付けバッテリーの場合、バッテリーを抜くために
ボトルケージとの間に いくらかの余裕が必要です。
ボトルケージには ボトルを受け止める「底」の部分がありますが
今回のトレックに付いていたOGKのボトルケージは
L字型の底の部分が本体と別になっていて、
任意の位置で 本体と供締めするようになっています。
が、その底のパーツを一番上の位置で付けても
バッテリーを抜くことが出来なかったからだと思いますが
そのパーツを外して バッテリー自身でボトルを受け止めていました。
なので 作業後の状態ではボトルケージとして使えません。
底のパーツは失くしたそうです。

アルミ板を曲げて作ってもいいのですが、
新しいボトルケージを買うということなので しませんでした。

DSC09550amx5.jpg
最後に。これは別件で トレックではない某ブランドのフレームですが、
ショート台座用のM4穴と、フレーム内にケーブルを引き込む穴が
すでに用意されています。

この台座、あんまり上のほうに付いていると
重心が高そうに見えてカッコ悪いです。

問題はここからで、バッテリーを上に抜くように台座を取り付けると
レバーを起こす向きの関係上 よほど注意しても
チェーンリングに手が触れる(汚れる)ことになります。
下に抜くようにすれば その点は問題ないですが、
ケーブルを入れる穴を下側に設けている場合(まさに画像の状態)
ケーブルを折り返すような形で配線することになります。
下抜き前提で 引き込み穴がダウンチューブの中途半端な位置に
あってもカッコ悪いですし、ここは難しいところです。
画像の状態、ケーブルが バッテリーとフレームの間に
はさまっているように見えますが、はさまってはいません。

この場合、私だったら外しにくさ覚悟で 上抜きにするのですが
お客さんの希望で下抜きにしました。
というか台座の位置を もうちょっと下げててくれればよかったのにと思います。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/07/02 10:23 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2822-a25cafa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター