のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

FlyKlyハブの後輪のリムを交換しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC00238amx6.jpg
お客さんから 後付け式電動アシスト化ハブの後輪をお預かりしました。

DSC00241amx6.jpg
アンブロージオの内幅19Cのリムで組まれています。
リムの内幅ですが、
例えば従来のカンパニョーロのアルミリムの完組みホイールで15C、
最近出たワイドな仕様のほうで17Cなので、
内幅19Cだと 想定しているタイヤ幅は28~38Cくらいでしょうか。
ギリギリ細いタイヤを履くとして25Cといったところです。

このリムを、ローハイトカーボンチューブラーリムで
組み換えてほしいということで お預かりしました。

DSC00240amx6.jpg
ハブ単体のメーカー公称重量は3kgです。
スプロケットとナットが付いた状態で実測3.8kgほどだったので、
ハブ単体でも3.5kgはあると思われます。

このハブ、実走の回転を感知すると
内部のモーターがハブそのものを回転させます。
電動アシストが 人力のペダリングに対して
どの程度アシストをするのかということと
アシストを切るリミットの速度などは 日本の法律で決まっており、
最初にヤマハのPASが「電動アシスト自転車を 電動原チャリにさせない」ように、
つまり免許やヘルメットの装着義務など無しで自転車扱いのまま
販売できるようにしたときは、国に対して相当な働きかけがありました。
これのスペックはメーカーサイトに載っていますが、
日本の法的案件のこともあり 輸入販売しようとする代理店は無いようで、
個人輸入でしか入手はできないようです。
これが法律違反だと書いているわけではないです念のため。
ホイール単体でしかお預かりしていないので知りませんが、
私有地で乗るのかもしれませんし
ナンバーの交付を受けて電動原チャ扱いにしているのかもしれませんし
そもそもアシストの能力が法的に問題ない範囲かもしれません。

DSC00243amx6.jpg
サピムのリーダー14番プレーンを2本組みしています。
最終交差は編んでいません。
組み換え後は4本組みにする予定です。

DSC00239amx6.jpg
一見して無いようで、実は けっこうオチョコがあります。

DSC00244amx6.jpg
↑組み換え前のリム

DSC00245amx6.jpg
↑組み換え後のリム
こんなリムで穴数36Hは通常存在しないので、メカニコのオーダー品です たぶん。

DSC00261amx6.jpg
組めました。

DSC00262amx6.jpg
36H 全チャンピヨンヨンイタリアン組みです。
組み換え前もイタリアン組みです。もしJIS組みであったなら
「特殊なハブだし何か意図があってJIS組みなのかも知れない」などと
勝手に邪推して ビビッてJIS組みにしたかもしれません。

DSC00257amx6.jpg
興味のある方は「FlyKly Smart Wheel」で検索してください。
配慮さんGTがいるのは、ここにある数字が おそらくシリアルナンバーだからです。
あと 性能上どうでもいいこだわりですが、このロゴが水平に読める位相のときに
バルブ穴がホイールの真上にあるように組みました。

DSC00260amx6.jpg
フレームのエンドの切り欠きに合わせてシャフトに取り付ける
回り止めのワッシャーを通すために、平面を切ってあるハブシャフトです。
こういうハブでホイールを組むときに 振れ取り台にかけるための
自作の治具があるのですが

DSC00259amx6.jpg
右側の端に充電の端子があり治具と干渉して取り付けられませんでした。

DSC00247amx6.jpg
ホイール組みの最中に、ハブが「いま実走してるぞ うおぉぉぉ」となり
急にシャフトが回転するという事態に何度かなりました。
上の画像の状態、静止しているハブに対して
シャフトが けっこうな勢いで回転しています。
半透明の窓になっている部分から
青いLEDがグルグルと回転する形に光り、
止めない限りずっと回り続けます(シャフトも光も)。
この状態でシャフトを持つと ハブが(ホイールが)勢いよく回りますが、
実走時の場合 フリー回転になるとアシストをやめる仕様なので
シャフトを持ちつつスプロケットを手で押さえると
「キュ~ン」と回転が止まります。

ホイール組みの最中にシャフトが勢いよく回りだし、
シャフトが丸くないので振れ取り台の上でガラガラと暴れはじめ、
それを止めるのにシャフトをつかむと 指の皮がずる剥けそうになるという
めったに無い経験をさせてもらいました。

アシストを起こさないようにするスイッチは、ハブ側にはありません。
アプリと連動させて使うもののようなので、アプリ側で何かすることは
出来るのかもしれませんが。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2836-bdad57d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター