のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ユーラスさん  

お客さんから ユーラスをお預かりしました。
DSC00233amx6.jpg
DSC00231amx6.jpg
画像は作業後のものです。
バイクのオーバーホールの一環なので、振れ取り点検だけでなく
状態にかかわらず 洗浄とグリスアップもします。
これも、先日のエウラスと同じく
ミディアムハイトリムのフラッグシップモデルです。
この時代はEURUSの読みをユーラスとすることもあった、
というか むしろ大勢はそちらであった気がするので表題はユーラスにしました。

ローハイトリムのニュートロンから
リム高を少し高く、スポーク本数を少し減らし
後輪をG3組みにしたというスペックです。
なのでニュートロンと同様に内蔵ニップルなのですが、
ニュートロンは リヤリムがオフセットリムで 補強の壁が内部にあるため
リヤリムではユーラスのほうが軽くなるらしく、
このユーラスの重量は ニュートロンと比べると
前輪は少し重く 後輪は少し軽く 前後輪セットで同じくらいになっています。

メガG3を見慣れるとG3の3本セットがまとまって見えます。
ロルフのペアスポークから フリー側に1本足した感じでしょうか。

DSC00232amx6.jpg
この時代は、ミディアムハイトのリヤリムはオフセットではありません
(右左右の穴振りはあります)。
これを見て、当時私も 手組みで2:1スポークを何本も組んでみたのですが
すでに これが「おとなしくユーラス買えばいいじゃん」という完成度だったので
売り物としては断念しています。

当時のカンパニョーロのミディアムハイトの完組みホイールの前輪は、
上2つのユーラスとゾンダは ラジアル組みでしたが
下2つのシロッコとヴェントは 前輪もG3組みでした。
左右でスポーク本数が異なるとおかしくなるので
「右左右」の隣は「左右左」になっていて、
G3が8ペアで24Hという仕様になっています。
G3のペアの数が奇数になると 左右でスポーク本数が変わるのでダメですが、
6ペアの18Hだと少なくて 10ペアの30Hだと多いので
8ペアの24Hになったのでしょう。

何というか、見てくれが目新しくて 売れるのなら
前輪でやっても意味が無い(振れ取りの精度が追い込めなくなるだけの)
G3組みを廉価モデルだけとはいえ やってしまうという姿勢に
当時ガッカリしたものです。

DSC00209amx6.jpg
フロントハブをバラしました。
こちらはとくに問題が無いのですが、

DSC00210amx6.jpg
反対側ではリテーナーがハブの中に落ち込んでいました。

これは、シャフトを手荒く突っ込むと起こる現象です。
ハブ体の形状が変わった現行モデルでは まず起きません。
この状態でも、無負荷で回すと ベアリングは異常が無いかのように回ります。
ただ、実際に乗ると たまにリムが横に振れた格好でフニッと動くので
(実際は ハブ体に対してシャフトが斜めにずれている)たいへん危険です。
これは乗って起きるわけではなく、前回の整備のときに起きています。
あと、リテーナーではなく バラ玉状態なので
鋼球同士が回りながらごっつんこして ハブの回転に濁りが出ます。

リテーナーの材質が軟質なので、変形はありませんでした。
バラ玉状態になっていた側の鋼球が、反対側のものよりも曇っていましたが
ボールレースに虫食いなどは無く グリスアップでいけると判断したので
パーツの交換はしていません。

DSC00211amx6.jpg
ここから組み立てますが、このユーラスの前輪の方向について。

DSC00212amx6.jpg
これは作業前の後輪です。
フリー側から見て、バルブ穴を真上にしています。
バルブ直下がユーラスG3、
その対岸がカンパニョーロのステッカーになっていますが

DSC00215amx6.jpg
バルブ穴を真上の状態でひっくり返すと
ステッカーは逆になります。

ということは、この後輪では「バルブ穴の位相を右から見たときに
貼ってあるステッカーはユーラス」なので

DSC00214amx6.jpg
↑前輪も合わせるなら こちらが右、
DSC00213amx6.jpg
こちらが左になります。

DSC00216amx6.jpg
なので こちらを右側、
DSC00217amx6.jpg
こちらを左側(玉当たり調整ナットがある側)にしますが

DSC00218amx6.jpg
ハブ体にダストキャップを取り付けてしまうと
左右の区別が付きにくくなります。
このあとクイックを通すのも タイヤ(トレッドの前後向きあり)を履くのも
フロントフォークに取り付けるのも私がやるので、
お客さんのほうで よほど何かしない限りは逆転はしないと思います。

DSC00221amx6.jpg
おっと。
DSC00222amx6.jpg
ハブのグリスホールのフタをしているバンド、
これの印字「MADE IN ITALY ● CAMPAGNOLO」も
右から見て読めるようにしておきます。
性能に関係ないことに細かくこだわってんじゃねーよと
思われるかも知れませんが、
バイク全体が なんとなくマヌケに見えないようにするには
細部が大事なのです。

DSC00206amx6.jpg
DSC00207amx6.jpg
DSC00208amx6.jpg
全ての箇所ではないものの、リムテープが裂けていたので交換しました。
パンクしていなかったのは 運がいいだけです。

DSC00219amx6.jpg
あと、超大物の切削カスの予感がしたので

DSC00220amx6.jpg
ポロっと折れたりしないように 注意深く取り出しました。
10年くらい リムの中で飼っていたわけですが、
飼っていたといっても成長したわけではなく
最初から この大きさです。

つづいて後輪。
DSC00223amx6.jpg
びふぉー
DSC00227amx6.jpg
あふたー
外から洗っただけでなく ちゃんとバラしてます念のため。

DSC00230amx6.jpg
リヤハブの中は全く問題無しでした。
久しぶりに見る気がするバテッド無し旧シャフトにも
フリーボディのベアリングのもらい錆びがありません。

DSC00229amx6.jpg
爪起こしバネは交換しました。

DSC00224amx6.jpg
後輪も、リムテープがダメでした。

DSC00225amx6.jpg
デスピサロ

点検ですが、前後輪ともセンターずれありで
けっこう細かく振れてもいました。
リムが曲がっているわけではないので 吊るしの新品よりはきれいに取れた・・・
と言いたいところですが 最近のカンパニョーロとフルクラムの
吊るしの精度は いい意味で異常なので、
ここでいう「吊るしの新品」とは完組みホイール全般ということにしてください。
あと、ブレーキゾーンの摩耗は ほとんどないので まだまだ使えます。
スペアパーツも現役で手に入るしな!←誰に向かって言ってるのかは不明

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2838-55fc01c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター