のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

HEDのベルジウムで前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC00296e.jpg
カーボンフード系エアロリムで有名な「HED」の
ロード用アルミリムシリーズがベルジウムです。
BELGIUMとは 国のベルギーのことなので
ベルギウムと呼んだほうがいいのかも知れませんが、
私がこのリムを知ったときに 周りの人たちは揃って
ベルジウムと呼んでいたので 今回はそう呼ぶことにします。

このリムは現行のステッカーではなく ひとつ前のバージョンになりますが、
現行のラインナップは
・ベルジウム プラス クリンチャー
・ベルジウム プラス ディスク クリンチャー
・ベルジウム ディスク チューブラー
・ベルジウム C2 クリンチャー
・ベルジウム チューブラー
の5つとなっており、プラスが付くとチューブレス対応 、
ディスクが付くとリムサイドのブレーキゾーンの切削加工がありません。

このリムのステッカーには「C2 SERIES」とあり チューブラー仕様なので
ベルジウム C2 チューブラーということになりますが、
現行のチューブラーモデルの場合は C2が省かれるようです。

リム幅が広めなので、細いタイヤの装着は不向きです。
メーカーサイトの注意書きには
「23mm C2 tubular rim recommended tire width: 20mm+」
とあり20mm幅以上のタイヤの装着を指定していますが、
実際は23~25mm幅くらいが適正だと思います。

↑ていうか この部分の文言では モデル名がC2 tubularのままじゃねーか。

DSC00297e.jpg
ホワイトインダストリーズのT11ハブ32Hで
CX-RAYロクロクイタリアン組みにしました。

DSC00298e.jpg
ホワイトのハブは、玉当たり調整を固定している
イモネジを回すための小さな穴が 片側のフランジにのみ付いていますが、
リヤハブの場合 右側がフリーボディである都合上 これが左側にあります。
なので それに倣ってフロントハブでも この穴がある側を左とすると
H3ハブ(どうやら廃盤)では ハブのロゴが逆向きになったのですが、
T11ハブでは正向きになるように変更されています。
これは たまたまではなく、H3では必ず逆向き、T11では必ず正向きです。
これ以外でも、エクストラライトのフロントハブでは・・・
という話を4年近く前に書いているので(→こちら)をどうぞ。

DSC00299e.jpg
ベルギー国旗を意識してか、ニップルは赤と金を
交互にしてほしいということなので そうしました。

DSC00300e.jpg
振れていないのに カツンカツンと鳴るなと思っていたら
磨耗インジケーターの半穴のカエリでした。
画像の状態は カエリを削いだあとです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2842-be6d723a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター