のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

RD-6800-GSについて いま一度  

変速がいつまでたってもおかしい、
近所のショップに何度も持っていったけど直らなかったという理由で
DSC00397amx6.jpg
お持ち込みされたのではないですが、
他の作業中に思い出したように そう言われたので見てみます。
これと同じリヤメカ(同じグレードという意味ではなく これそのもの)を
別のバイクに付けていたときから おかしかったそうですが、
これ、ロングケージ仕様です。なので ピンときました。

DSC00399amx6.jpg
DSC00400amx6.jpg
ワイヤー留めるところ間違ってるがな。
わざわざ印を描いておくとか、ワイヤーが潰れすぎないように
スリットを切ってあるという「構造上 どう見てもこっち」という
フールプルーフをものともせずに間違っています。

きっと、このリヤメカを付けていたという以前のフレームのときから
同じことをしていたのでしょう。

ちなみに、お客さん自身でやったわけではありません。
何度も変速調整に持ち込んだそうですが
そのたびに「こんなもんですよ」と突っ返されたそうです。
その割には・・・ワイヤーを解放した状態で見ると
「トップ側の初期位置が異常に外に振ってある
=間違った引き量に合わせて無理やり調整している」という痕跡があるのですが。
えらく仕事の妥協点が低いですね。
「何かおかしい」と思って 必死こくところまでは良かったのに。

先日も、同じお客さんで
TTバイクの後輪に張ってあったチューブラータイヤの
パターンが逆向きになっていて、
指摘したところ 私が張り直す結果になってしまいました。

それはともかく RD-6800-GSについては(→こちら)をどうぞ。

数ヵ月前に別件で 同じミスを直していますが、
それはキャノンデール心斎橋で販売したシナプスの完成車です。
この場合は完成車に元から付いているRD-6800-GSですが、
やはり極端な初期位置調整をしていました。

どちらの件も結局「これでいいや」で お渡ししていますが、
プロでも間違うようなミスということらしいので
これを読んでいる方で RD-6800-GSをお使いの方は
ワイヤーの固定位置を いま一度お確かめください。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2858-a0a72200
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター