のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ポテンツァ11のチェーンを買いました  

カンパニョーロの新グレード、ポテンツァ11のチェーンを買ってみました。
DSC00582amx6.jpg
本来、中央の帯にはグレード名が入るはずなのですが
CAMPAGNOLO表記になっています。
ポテンツァ11のチェーンとなっているものの
グレード外のパーツということなのでしょうか。
同様の例は165mmクランクなどで見られます。
カンパニョーロの11Sコンポは
スーパーレコード・レコード・コーラス・アテナの4つでしたが
このうち、チェーンのラインナップがあるのは レコードとコーラスだけです。
なので スーパーレコードとアテナは、
チェーンをレコードとコーラスから借りてきている格好に なっています。
ポテンツァ11は、価格と カタログでの序列から コーラスとアテナの間になりますが、
チェーンをラインナップしているグレードです。

私が なぜこれを買ったのかというと、個人的な こだわりですが
「その段数で最も安いチェーンを買うことにしている」からです。
仮に、デュラエースが新しく出て その時点で唯一の最多段数グレードであった場合
それに合うチェーンは デュラエースのものしか無いわけですが、
そのうち アルテグラや105も段数が追い付いてくると
より安く 互換チェーンが手に入るようになります。
もちろん、上位グレードのチェーンのみ肉抜きがしてあるなど
明確な重量差がある場合もありますが、それでも
高価なチェーンを買うことは ほとんどありません。
例外は超軽量バイクを組むときくらいです。

それをカンパニョーロでする場合、これまではコーラス一択だったわけですが
今回ポテンツァ11にチェーンがラインナップされていたおかげで
より安価な純正チェーンという選択肢が増えました。
ちなみに税別定価でレコードが7800円、コーラスが6400円、
ポテンツァ11が4700円です。

ところで、記事の冒頭から ポテンツァではなく
「ポテンツァ11」という表記にしていることに気付いた方もおられるかと思います。
これは、ポテンツァ11が正式な名称だからです。
メーカーサイトでも
Super Record
Record
Chorus
Potenza 11
Athena
Veloce
という表記になっていますが、これはおそらくブリヂストンタイヤのブランド
POTENZA(ポテンザ)との商標問題を避けるためだと思われます。
ブリヂストンサイクルのタイヤブランドがEXTENZA(エクステンザ)なのも
ブリヂストンタイヤからポテンザの名前を使うお許しが出なかったというのが
理由なので、Potenzaでいくのは厳しかったのではないでしょうか。

かつてカンパニョーロのDaytona(デイトナ)が
2000~2001年の2年間だけ出ていて
それ以降は昔のMTBコンポで使っていたCentaur(ケンタウル)に
名称変更したのも、アメリカで商標問題が起きたからです。
ROLEXの時計ならいいのか。

ポテンツァ11のチェーンですが、
それ以外にもオススメできるポイントがありまして
このチェーン、コーラスより軽いのです。
レコードのチェーンは
アウタープレートの肉抜き無し+ピンに肉抜き(中空ピン)という仕様で、
コーラスは どちらも肉抜き無しです。

DSC00584amx6.jpg
ところが、ポテンツァ11では
プレートの肉抜き有り+ピンの肉抜き無しという仕様になっています。
レコードのチェーンのピンと合わせれば軽量チェーンが作れますが、
そのための作業を考えれば もちろん現実的な話ではありません。
そういうチェーンが欲しい方はKMCをどうぞ。
あるいは、今後 肉抜きプレート+中空ピンで
スーパーレコードのチェーンを出す布石なのかもしれません。
当たれば予言したことになるので書いてみました。

DSC00587amx6.jpg
カンパニョーロのサイトには、チェーン1リンクあたりの公称重量が出ています。
今後調べる手間を省くため ここに書いておきますが
レコード 2.10g
コーラス 2.24g
ポテンツァ11 2.22g
です。

もちろんアウターリンクとインナーリンクでは重量が違うので
2リンク(1コマ)の重量を半分にしたものを
1リンクの仮想重量として出しているのでしょう。
上の図のにぶんのにリンクは いちリンクぶんの重さになりますが
それはアウターリンクとインナーリンクの中間値となり
概念上のもので実在はしないということです。

純正の状態で使う(ミッシングリンクなどを使わない)のならば
リンク数は108や110などの偶数になるので
チェーンの重量を 仮想1リンク×リンク数で計算して問題はありません。

実測では、袋から出したばっかりの ねっとりチェーンの状態で
114リンク/248gでした。仮想1リンクは2.175gです。
なぜ ねっとりチェーンと わざわざ書いたのかというと、
脱脂すると 間違いなく軽くなるからです。
私は やりませんが。
新品のチェーンを脱脂して、前よりもいい油(実際のところはどうだか)を
塗布するという人もいますが、ローラーの中の油の保持性と
チェーン全体の防錆性が 純正のそれを超えることは まずありません。
確かに、摺動抵抗を減らすだけなら
大抵のチェーンオイルのほうが優秀ですが、
そこに強いこだわりが無ければ まずはそのまま使うのがいいと思います。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2867-45c9a222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター