のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシングゼロ コンペティションさん  

お客さんから レーシングゼロをお預かりしました。
DSC00648amx6.jpg
DSC00642amx6.jpg
CULTベアリング仕様の限定モデルです。

そういえば ちょっと前に
・新型小径ベアリングのCULT仕様を出しているのはカンパニョーロだけ
・カンパニョーロのスペアパーツをフルクラムに使う(またはその逆)はダメ
であることから、
CULT化されたレーシングゼロナイトの前輪に対して
本当は存在しない仕様であるということを書きましたが、
そろそろ出る フルクラムのいくつかの新モデルでは
小径CULTベアリングを採用したものがあるので
これに関しては解禁されました。

この前輪は小径化以前のCULTであり、
しかも初めからそうなっている限定仕様です。

3年ほどノーメンテで使っているので オーバーホールをご希望です。
ハブを ざっと触ってみたところ
フロントはガタ無しでスムースに回りますが
リヤはガタ無しなものの 妙な濁りがあります。
虫食いだと思っていたのですが違いました。

DSC00643amx6.jpg
DSC00644amx6.jpg
ついでに実験をしてみます。
フロントハブにはガタが無いので ちょうどいいです。
ついでに書くと横振れも ほぼありません。
センターゲージを右側で当てると
左側のエンドナットとゲージの間が空きました。
ホイールセンターが うっすらとずれています。
左側にリムが寄っているということです。

DSC00645amx6.jpg
とくに問題は無さそうでしたが
オーバーホールをご希望なのでバラしました。

DSC00646amx6.jpg
DSC00647amx6.jpg
で、洗浄してから再組み立てをしたのですが
センターずれの向きは変わっていないものの 量が少し増えています。
これは くさび型の割り入りセンタリングワッシャーの食い込み具合で
ホイールセンターが変わるためで、
もしハブの分解前にセンター出しをしていれば 二度手間になっていました。

DSC00537amx6.jpg
つづいて後輪です。

DSC00538amx6.jpg
CULTのワンがハブ体から抜けました。
ハブ体に圧入されている部分はカーボンですが、
かすかに削れて空転していたようです。
圧入工具を使わずとも 手で押しこめば 奥まで入り、
また簡単に抜くことが出来ます。

DSC00545amx6.jpg
シャフトと玉押しの間にも 空転していた跡がありました。
ここは 交換可能とするために別体になっているだけで、
本来は玉押しもシャフトの一部なので、シャフトに対して回るのはマズイです。

DSC00546amx6.jpg
CULTの場合、ワンの内側に圧入されている
グリスガードの膜付きリングがありません。
ベアリングにグリスを使わないCULTには不要だからです。

しかし、膜付きリングの有無で圧入の深さが変わるのを防ぐために
膜無しのリングを入れています。
金魚すくいの「ポイ」の紙がすべて破れた 枠の部分のようなものです。

DSC00547amx6.jpg
ワンの圧入がゆるんでいたのは フリー側だけでした。
嫌気性の接着剤を使って圧入工具でセットしたところ
ビクともしなくなったので 問題は無いようです。
乾燥時間に一晩使ったので作業に時間がかかりました。
すみません(←言い訳)。

フリーの爪起こしバネは まったく歪みが無かったので交換していません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2879-7de223b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター