のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウムSLEさんと ニュートロンさん  

お客さんから キシリウムSLEをお預かりしました。
DSC00708amx6.jpg
DSC00716amx6.jpg
前後輪ともヌルくなった気がするので 張れるなら張ってほしい、
あと後輪のセンターずれが大きくなってきたそうです。

まず前輪ですが、センターずれ無しで 振れがかすかにありました。
ただ、確かにヌルかったので振れ取りとは別に増し締めして張っています。
この記事中で最も化けたのは キシリウムの前輪です。
たぶん 乗って分かるだけの違いはあります。
ブレーキゾーンに傷がありましたが、
凹みやふくらみは無いので使用に問題はありません。

つづいて後輪ですが、左右ともに細かい振れがありました。
DSC00710amx6.jpg
DSC00711amx6.jpg
あと センターずれですが、フリー側の寸法を反フリー側に当てると ハブ側で空きます。
つまり リムが反フリー側に寄っているわけで、
これは経年使用で出る方向のセンターずれではありません。元からです。

DSC00712amx6.jpg
DSC00713amx6.jpg
あらかたの横振れ取り+センター修正1回目

DSC00714amx6.jpg
DSC00715amx6.jpg
センター修正2回目・・・で 紙1枚ほどずれていたので
これは実は3回目です。センターが出ました。
これをほとんど増し締めだけで調整したのですが、
フリー側の増し締めは 反フリー側ほどにはリムが動きません。
それなのに 反フリー側をほぼゆるめずにセンターが出たということは
フリー側をそれだけ締めることができたということになります。

実は、張ってある個体であれば フリー側をこんなに増し締めはできないのです。
これができたということ自体が ヌルめの状態だったということになりますが
今回は 前輪のヌルさのほうがひどかったです。

DSC00730amx6.jpg
同じお客さんなので まとめます。
ニュートロンの前後輪をお預かりしたのですが、前輪の全体写真を撮り忘れました。

DSC00717amx6.jpg
DSC00718amx6.jpg
まずは前輪から。
登坂時にゆるく感じるということなので、

DSC00719amx6.jpg
DSC00720amx6.jpg
センターずれを直した以上に張りました。
元がそれほどゆるくないので 先ほどのキシリウムほどには化けていませんが。

DSC00722amx6.jpg
DSC00723amx6.jpg
後輪ですが、紙1枚ほどの反フリー側へのずれだったのを

DSC00725amx6.jpg
DSC00726amx6.jpg
フリー側偏重の振れ取り+おまけで増し締めして
一旦 フリー側にガッツリとずらしてから

DSC00731amx6.jpg
DSC00732amx6.jpg
それを修正する形で 反フリー側のみ一方的に締めて
センター出しをしました。これも体感で分かるくらいには張れたと思います。

恐ろしいのは、今回 わざと出したセンターずれの量以上にずれていても
平気で出荷するホイールメーカーがあるということですね。
たとえばマヴィックのことですが。
もっと恐ろしいのは、それをそのまま お客さんに渡すようなショップがあるということです。

DSC00721amx6.jpg
異常を感じなかったので ハブはとくに触っていませんが、
フリーの爪起こしバネが歪んでいたのを交換して
ラチェット部分のグリスアップだけはしました。

DSC00727amx6.jpg
リムの切削カスがピラピラしている箇所が多かったので、
DSC00728amx6.jpg
目に付くところだけは落としています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2884-af434c2d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター