のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アーサーのシクロクロスのボトルケージ穴を増設しました  

ドリルがうなる!
DSC00900amx6.jpg
お客さんからアーサーのシクロクロスバイクをお預かりしました。
アーサー(AUTHOR)というのはシクロクロスで有名なブランド、
と思っている方も多いかもしれませんが
それは日本の代理店の努力で作られたイメージなだけで、
本国サイトを見れば ガチ競技用のシクロクロスはありません。
CROSSの項目はフラットバーの街乗りクロスバイクですし、
ROADの項目はロードバイクだけです。

それはいいのですが、ガチのシクロクロスには
フレームにボトルケージ穴がありません。
このモデルの場合はダウンチューブにのみ付いていますが、
基本的には競技志向を気取っているようで シートチューブにはありません。

お客さんの使用用途は ツーリングやブルベ向けということなので、
シートチューブと あとダウンチューブの裏にもボトルケージ穴を設けてほしい
ということで お持ち込みされました。

DSC00901amx6.jpg
ぎゅいーん。

DSC00902amx6.jpg
リベットナットを取り付けました。
この位置ですが、現状50Tのアウターチェーンリングが 53Tになって
それに合わせてバンドの位置を上げても干渉しないようにしてあります。
50Tより大きなチェーンリングにする可能性は皆無だそうですが。

フロントメカが これ以外のものになった場合、
取り付けバンドと下側のリベットナットとの距離が
現状より近くなる可能性はありますが、
50Tならまず確実に問題は起きないでしょう。

という範囲で可能な限り 穴の位置を低くしたつもりです。
下側の穴がフロントメカのバンドよりも 下に来る位置関係、
つまりボトルケージの穴がバンドをまたぐようにすれば
もっと下げられますが、その場合 46Tなどに対応できなくなるかもしれません。

DSC00931amx6.jpg
↑お客さんに説明したときの殴り書きです。
シートチューブのボトルケージ穴位置を下げ過ぎると
挿したボトルがダウンチューブに当たる可能性があります。
これは普通のフレームでも起こる場合がありますが、
そのときはボトルケージの穴位置が
本体に対して低い位置にあるものに交換すれば
ボトルケージの位置が上がるので避けられます。
バンドまたぎの穴位置にすると これが起こる可能性が出てくるので
今回はお客さんと相談して バンドよりも上で
且つ なるべく低くという位置にしました。

ボトルケージによる穴位置の違いについては(→こちら

DSC00904amx6.jpg
ダウンチューブのボトルケージを移してみました。
もしこれで干渉するようなら、ボトルケージを浮かすようなスペーサーがあるので
それを使うことになります。
もしそれを使っても シートチューブのボトルが
ダウンチューブのボトルと干渉することがないのは確認しています。

余談ですが、一時期のオルベアのアクアの54サイズの完成車は、
フロントメカのバンドがボトルケージの下側の穴の上に干渉するので
バンド位置を下げたいのに下げられず、
歯離れ状態になるという アホな設計になっていました。
当時、リベットナットのフチに合わせて バンドを個別に削ったものです。


DSC00915amx6.jpg
つづいてダウンチューブ裏です。
下穴をあけました。

防犯登録のステッカーが中途半端な位置に斜めで貼ってありますが、
こういうのをまっすぐ貼れない奴は、例えば
レバーブラケットの高さを左右同じには揃えられませんし
アウターの長さをセンス良くまとめられませんし
バーテープもきれいに巻けません。
根本的に無理なんです。教えても無駄です。
おっと話が逸れた

DSC00916amx6.jpg
リベットナットを打ち込みました。

DSC00920amx6.jpg
↑こんな感じ
実は、シートチューブとダウンチューブは 同じ日にやった作業ではありません。
ダウンチューブのほうは 寸法が非常にシビアなので
ボトル(今回はツール缶)と ボトルケージの現物を
持って来てくださいとお願いしました。

DSC00922amx6.jpg
フロントタイヤと近すぎるように見えますが、
現状が28Cで 仮に40Cを履いてもOKなのは確認しています。

DSC00918amx6.jpg
問題は こっちのほうで、

DSC00919amx6.jpg
ボトルケージ位置が低すぎると 変速時にチェーンがボトルと擦るのです。
こちらは 53-39Tにすると干渉するかもしれません。
その場合は 穴位置が違うボトルケージに交換して
ツール缶をもっと短いものにするしかありません。
50Tで使う限りは間違いなくOKです。
左クランクに干渉しない範囲で少し左に穴位置を振る、というのも
気持ちが悪いので 今回はダウンチューブの中心にあけました。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2906-58e6f691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター