のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

シャマル ミレさん(新シャフトだいばくはつ)   

お客さんから シャマルミレの前輪をお預かりしました。
DSC00996amx6.jpg
画像は作業後のものなので直っていますが、

DSC00992amx6.jpg
また例によって 新シャフトだいばくはつが起きています。
ねじ山のかかり始めがえぐれていて、
新品の中空エンドボルトのスペアパーツもかからないので
右エンドの補填では済ませられません。
4~5日前にレーシングゼロナイトで ほぼ同じ事例を修理しましたが
(記事にするつもりが無かったので写真は撮ってません)、
そのときは外れた右エンドの再取り付けができたので
パーツの交換はしませんでした。

今回のように右エンドを取り付けられない場合、
専用に作った14mmスパナをかけても
中空のシャフトだと 変形して かかりが滑ってしまい
左エンドボルトを外すことができません。
ちなみに、画像のシャフトの平面部分がナメているのは
私がやったわけではありません。

左エンドを外せないということは、
シャフトをハブ体から抜くこともできないということです。

DSC00993amx6.jpg
左エンドのつばが切れるまで ドリルで削ぎました。
これを右エンド側からするのは無理です。
玉押しが はまっているので。

DSC00994amx6.jpg
お客さんがこれを壊した理由は グリスアップを試みたからですが、
その必要が無い状態でした。
玉当たり調整だけなら 左エンドを外す必要が無いので、
左エンドを外そうとして 先に右エンドが外れるということも無く
その後 ドツボにはまることもありません。
もちろん、悪いのは右エンドとシャフトが別体である このクソ構造です。
知ったうえで よほど注意して 専用幅のスパナも自前で作れば
まず大丈夫ですが、まず大丈夫のハードルが高すぎます。

DSC00995amx6.jpg
せっかくなので洗浄してグリスアップもしておきました。

DSC00997amx6.jpg
せっかくなので振れ取りもしておきました。
振れほぼ無し、センターずれがうっすらありでした。

シャフトと 左エンド単体のスペアパーツの在庫があったので
お持ち込みされた その場で修理ができました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2915-f617e0b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター