のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

フルクラムのタイヤレバーが届きました  

やはり ここを見ているようです。
DSC01307em.jpg
先日「フルクラムのタイヤレバーがあるなら送ってください」と
某人物に宛ててメッセージを書きましたが、本当に届きました。
迷惑がかかってはいけないので、
どこから来たのか絶対に分からないようにモザイク処理を施しています。

DSC01308e.jpg
当店のATHENA宛名が「暗黒自転車工房」になっていますが、
これは致し方ありません。
この問屋さんに注文するときに、私が こう自称しているからです。

DSC01309e.jpg
これが「フルクラムのタイヤレバー」ですが、
DSC01310e.jpg
これについて説明しなければなりません。

DSC01314e.jpg
DSC01316e.jpg
私は この問屋さんに発注するときに、
カンパニョーロの項には もくもくのフキダシ、
フルクラムの項には 胴長の犬を描いて
そこにブランド名を書き込むようにしているのです。

この胴長の犬ですが、ごく一部 ある界隈で
「フルクラム犬(←いぬ ではなく けん)」と呼ばれていて、
何が気に入ったのか

DSC01317em.jpg
先日も、A4のコピー用紙に拡大した画像が
納品された商品に混ぜられていました。
なんでも、後ろ足の本数がおかしいのが おかしいのだそうです。

というわけで、フルクラム犬の画像が貼られたタイヤレバーが
送られてきたのは事実なのですが、

DSC01311e.jpg
それとは別に 本物も同梱されていました。
このタイヤレバー、全く出回っていないわけでもないようですが
フルクラムのホイールに付属しているものは
「カンパニョーロのロゴ無しの カンパニョーロの黒タイヤレバー」
なので ちょっとした希少品ではあるようです。

DSC01313e.jpg
カンパニョーロとフルクラムでは、どう見ても同じに見えるパーツでも
別個の品番が与えられていて 混用はダメということになっています。
ところが工具は基本的に同じ品番であり、例として
スポークの供回り止め工具は 両ブランドともT-02です。
タイヤレバーについても、WH-109HYCで 同品番なので
フルクラムのスペアパーツとして この品番で仕入れても
ロゴなし黒レバーが届くはずです。

というわけで、カンパニョーロのタイヤレバーからロゴが消えた理由は
フルクラムと共用するため(建前上は別のメーカーなので)だと
思われるのですが・・・

DSC01312e.jpg
この赤レバー、2014年の12月製で 比較的 最近です。
どういうことなんだ・・・。

フルクラムのタイヤレバーについて調べごとをしていたのですが、
この記事が上がって以降は この記事自体が
その調べごとの邪魔になるはずです(検索で引っかかる)。
なのでこれを上げる前に 私のほうでの調べごとは一通り済ませました。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2956-8c265040
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター