のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシング1 2WAY-FITさん  

お客さんからレーシング1をお預かりしました。
DSC01353e.jpg
後輪のスポークが1本 曲がっているそうです。

DSC01354e.jpg
↑ここですね。

DSC01355e.jpg
直りました。

DSC01356e.jpg
当店で フルクラムのスポークを収納しているケースに
黒だけでなく 銀と赤もたくさんあったことから
「1本だけ色を変えることもできますか?」と訊かれ
赤スポークで修理することになりました。

反ヤマアラシさん方向のスポークを外すには
それに重なっているヤマアラシさん方向のスポークを一旦外す必要があります。
おしゃれ泥棒(スポークの色を変えること)のスポークが1本である場合
バルブ穴の隣に それを持っていきたいところなのですが、
それをするのは大変な手間です。
なぜなら、交換するスポークはフリー側ですが、
フリー側からホイールを見た場合
バルブ穴の時計回りに隣のスポークは 反フリー側になっています。
バルブ穴の反時計回りに隣のスポークはフリー側ですが、
これは反ヤマアラシさん方向のスポークなので
ここを赤スポークにするには その上にかぶさっているスポークも
一旦外す必要があります。
つまり、都合4本のスポークを 一旦外すことになるわけで、
この作業時は非常に忙しく 次の次の次くらいまで
お客さんをお待たせしていたので 画像の箇所だけの作業にさせてもらいました。

同様の理由で、もし全く問題が無い後輪で おしゃれ泥棒する場合は
反フリー側のスポークでやります。

DSC01358e.jpg
↑曲がっていたスポーク

DSC01357e.jpg
前輪ですが、こっちも赤スポークで おしゃれ泥棒にしてほしいということなので
バルブ穴に最も近いスポークを赤にしました。
外した黒スポークは、フロントだけでなく リヤのフリー側とも同じ長さなので
スペアスポークとして お渡ししています。

前輪はセンターずれ無しで 振れもあまりありませんでしたが
後輪はリムがフリー側にずれていました。
一旦外した2本のスポークの増し締め「だけ」で
ほとんど横振れを取った状態で そこそこずれていたので、
私の作業でずれたわけではなく お持ち込みの時点でずれています。
フリー側にずれていたので 径年使用でずれたとも考えられますが、
量が大きいので「元々フリー側にずれていたのが もっとずれた」が
たぶん正解です。

このホイールの前のオーナーが シクロクロスで使っていた、
とのことですが とくにそれに起因するような傷みはありませんでした。

スポーク交換の際に、スプロケットを外すより
フリーボディ自体を外したほうが早いと判断したので
スプロケットが付いたフリーボディごと外しましたが、
爪の起き上がりが3つ均等でないというか
1つが完全に仕事をしていなかったので
「バネが歪んでいます」と事前に断言してから外してみると

DSC01370amx6.jpg
↑けっこう曲がっていました。
普段、外す前に断言することはないのですが
これは すぐに分かりました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2959-9dbdc746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター