のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

初代レーシング1 2WAY-FITさん  

お客さんから レーシング1をお預かりしました。
DSC01391amx6.jpg
前輪は、ハブのベアリングの回転も非常にスムースだったのでバラしませんでした。
仮に、これが出た当時に買ってから ノーメンテでそれなりに使っていれば
そこそこの傷みが出るはずなのですが、そうでも無かったのは
レースの決戦用および 直前の調整でしか使っていないからのようです。
振れは左右ともにそこそこあったので 暫定センターは参考になりませんでした。

DSC01392amx6.jpg
対辺5.5mmの工具で回す しんちゅうニップル仕様です。
この次の世代から レーシングゼロと同じく 対辺6mmのアルミニップルになりましたが、
こちらのほうが より張れるので レーシングゼロと1で
一応 棲み分けというか使い分けはあったのです。
ちょっと重い代わりに硬く張れる1、といった具合に。
それを言うと ネクタイエアロスポークを辞めて
カンパニョーロと同じ寸法の四角断面スポークにした時点で
G3→軽量(スポークの総延長も短いので軽い)
2:1→多少の重量増ながら よりエアロなスポーク
という棲み分けを メーカー自ら放棄しているのですが。
ちなみに、レーシングゼロと1の2WAY-FITが
「フルクラムで四角断面スポーク」の初出であり
この時点ではチューブレス非対応のWOモデルは
まだネクタイスポーク+お休みの位相無しのリム穴です。

DSC01393amx6.jpg
初期モデルなので「IRCのチューブレスタイヤを使うな」と
書いていませんが 実質 そう書いてあります。

DSC01399amx6.jpg
つづいて後輪です。
お客さんにも言われましたが ハブの回転が少し濁っています。
あと、玉当たり調整に ほんのかすかなガタがありました。
クイックを強めに締めれば消えそうなので、しょっちゅうメンテするのであれば
実は このあたりがベストです(回転性能だけの話であって メンテ頻度としてはNG)。

DSC01394amx6.jpg
びふぉー
DSC01396amx6.jpg
あふたー
ハブ体のオーバーホールをしました。
洗浄したのはハブ体の中身と フリーボディの爪周りだけです。
この状態でハブの回転に濁りが無くなっていたので
フリーボディを取り付けたところ、濁りが復活しました。
濁りの主犯は フリーボディ側のベアリングだったようです。

DSC01395amx6.jpg
フリーボディの爪起こしバネが曲がってたので交換しています。

DSC01397amx6.jpg
フリーボディのベアリングのうち、外側が ひどく錆びていたので
外側だけを交換します。
フリーボディの中に差してある白いグリスも洗浄で落として
グリスを差し直しました。

DSC01398amx6.jpg
ベアリングを純正のもので交換しました。
市販品の6803を使った場合は、ここに書きません。

フリーボディを再度取り付けたところ、回転の濁りが無くなりました。
ハブシャフトに対して ハブ体のベアリング2つ+フリーボディのベアリング2つの
計4つが接している状態で回転させても 濁りの原因がどこにあるのかは判別できません。
フリーボディを抜いた状態で濁りがある場合、
ハブ体どちらかのベアリング(あるいは両方)が原因ということは分かりますが、
仮に 片方のみが ひどく傷んでいたとして、
シャフトに同時に接している状態では やはり断定はできません。

フリーボディを抜いた時点で濁りが減ったことに気付くべきでしたが、
オーバーホール前のハブ体も やや濁りがあったので
見過ごしてしまうところでした。

これは走行時の異音でも同じことが言えますが、
異音の原因は単一のものではないことが多いです。
仮に異音の8割を占める原因を特定して対処しても
残り2割の 別の異音がかえって聞こえやすくなった、
というような場合もあります。

数値について根拠があるわけではないですが
今回の濁りについての雑感は ハブ体のグリス切れと砂噛みが2割、
フリーボディ外側のベアリングの傷みが8割といったところです。

DSC01400amx6.jpg
↑真横から
DSC01401amx6.jpg
↑トレッド
タイヤに ミシュランのプロ4グリップを履いていたので それについて。
MTBの一部のタイヤのように、後輪に付ける場合に 逆履きの指示があります。
タイヤパターンの水切り方向から見た一般的な観点からは
マヴィックのタイヤは フロントが逆履きということになりますが、
これは リヤが逆履き指定です。
が、従わずに前後ともフロントタイヤとしてのパターンで取り付けました。
お客さんの承諾は得ています。お持ち込み時の状態も こうでした。

パナレーサーに セドリック・グラシアと共同で開発したという
「CG」というMTBタイヤ(CD XC)がありますが、
それのシクロクロス版で700Cのモデル(CG CX)があります。
これのタイヤサイドにも リヤ逆履き指定があるのですが、
シクロクロスで これに従う人は少数派だと思います。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2970-57b67b4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター