のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アアアアイアンクロスリムでホイールを組みましたたたた  

今日もホイー(以下略)。
DSC01459amx6.jpg
DSC01461amx6.jpg
お客さんから、ジャイアントの完成車に付いている
ディスクハブのホイールをお預かりしました。
競技シクロをやりたいところ、このリムはちょっと重すぎるというのと
チューブレスタイヤ(レディーも可)を使いたいということで
リムを交換することになりました。

DSC01462amx6.jpg
DSC01460amx6.jpg
前後ハブともスルーアクスル仕様で サピム黒レース ロクロク組み、
前輪は28Hの逆イタリアン組み、後輪は32HのJIS組みです。

DSC01465amx6.jpg
組み換えました。
リムはスタンズ ノーチューブスのアイアンクロスにしました。
実はこれ、隠れ軽量リムです。
ディスク専用リムといっても、ブレーキゾーンを省いたぶんだけ
実際に軽くなっているという例は あまりありません。
もしMTB用リムであった場合、耐座屈性能も求められるので
軽いリムにするのは難しいからです。
スタンズの区分けでは グレイルとアイアンクロスが
ロード用ということになっていて、
公称重量がそれぞれ 460gと385gです。

DSC01466amx6.jpg
全コンペロクヨン逆イタリアン組みにしました。

DSC01467amx6.jpg
後輪も組めました。

DSC01468amx6.jpg
こちらは半コンペヨンパチJIS組みです。
結線は あとでやります。

DSC01463amx6.jpg
↑32Hリヤリム
DSC01464amx6.jpg
↑同じく 32Hリヤリム



DSC01469amx6.jpg
つづいて別件になりますが、もう1ペア組みました。
これを明後日の 今日もホイー(以下略)の枠に回せば
コンポ交換などの仕事に専従できるわけですが、イカサマはいけません。

DSC01470amx6.jpg
クリスキングのディスクハブ24H CX-RAYロクヨン逆イタリアン組みにしました。
このアルマイトは ピューターという色ですが、アルマイトの色の濃さが
比較的ばらつくというか 安定しない色になります。
前後ハブで極端に色が違う場合もありますが、
今回は そこまでではありませんでした。
色味が違っていても「仕様です」の一言で終わりなので、
その点はご了承ください。
といっても これは当店で仕入れたものではなく
お客さんのお持ち込み品なのですが。

DSC01471amx6.jpg
フロントハブの場合、ロゴを正向きにした左側に
玉当たり調整機構があるという法則があるのか
クリスキングのロゴが 進行方向の逆向きになっています。
わざわざフロントハブのロゴを逆さにしていたエクストラライトのハブや
リヤハブと同じ側(左側)に玉当たり調整機構が来るようにすると
ロゴが逆向きになるホワイトインダストリーのH2ハブを思い出します。

DSC01472amx6.jpg
↑ここの切り欠きの形状は
ハブのアルマイトカラーによって全て異なっており、

DSC01476amx6.jpg
DSC01477amx6.jpg
ピューターのハブは ピューターの工具でしか調整できません。
というのはウソです。
専用工具のアルマイトカラーが たまたまピューターだったので
思いついた端から書いてみました。

DSC01478amx6.jpg
クリスキングの専用工具は どれもクソ高いので、
例えば これがブラウンのハブにしか使えないとすれば エライことになります。

DSC01479amx6.jpg
後輪も組めました。

DSC01475amx6.jpg
同じくクリスキングのピューターのディスクハブで こちらは28H、
半コンペヨンロクJIS組みにしました。
結線は あとでやります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2979-3bbc2d88
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター