のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

サーカスモンキーのハブで のむラボホイール5号を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC01599amx6.jpg
サーカスモンキーのディスクハブで のむラボホイール5号を組みました。

DSC01600amx6.jpg
前輪は HDW2ハブ24H 全黒コンペロクヨン逆イタリアン組みです。

DSC01601amx6.jpg
けっこうなハイローハブです。
フランジの切り欠きは 軽量化かデザインか応力逃がしか 意図は分かりませんが、
ロー側フランジに ヌポークのスポークを通すときに これが無いと
スポークを(もちろん弾性変形の範囲で)曲げる必要があるので、
ホイール組み時の作業性という点だけでも助かります。

DSC01602amx6.jpg
後輪も組めました。

DSC01603amx6.jpg
HDW2+ハブ24H 全黒コンペヨンロクJIS組みです。
結線は あとでやります。

DSC01604amx6.jpg
ハイローフランジに見えませんが、かすかにハイローフランジです。
直径での差で3.5mmですが、
メーカーの公称値が60/56.5mmなところ
私が必要とする寸法では59.5/56mmとなりました。

この数値は、常にメーカーの公称値と違うといったものではありません。
シマノ基準というわけではないですが、
シマノのハブだと0.1mmも変わりません。

公称値と私の採用値でそれぞれスポーク長さを調べたところ、
フリー側で約0.1mm、反フリー側で約0.3mm違いました。
一応、ニップルのねじ山で吸収できる範囲です。
フランジ幅についても公称値を信用せずに 直に採ったので
その差も関係しています。
リヤハブのオーバーロックナット寸法は公称135mmですが、
かすかに 下回っていました。
何が言いたいのかというと、公称値を信用してはいけないということです。
DTのリムのステッカーに書いてあるリム内径などは とくにいい加減です。
あれを信用したらスポークが一式 無駄になります。

DSC01605amx6.jpg
扁平スポーク用のスリットが斜めに切ってあるので、
リム内径や組み方によっては スリット方向にスポークを引く可能性もありそうです。
が、実際にそうなるのは真の最接線組みをした場合に限られそうなので
それが出来ない24Hのハブでは まず問題はありません。
画像の穴では スポークの方向とスリットが ほぼ180°
背を向けた格好になっていますが、
このスポークと最終交差している相方のスポークでは

DSC01606amx6.jpg
↑こうなっています。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2997-863300c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター