のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アタックさん  

お客さんから アタックをお預かりしました。
DSC01611amx6.jpg
後輪のスポークが、いくら締め直しても ゆるんでくるとのことです。
実際、ゴクッと横振れがある箇所の直下のスポークが
手で触って分かるくらいに ゆるんでいました。
近所のショップで何度か直してもらったそうですが、直らなかったということです。

ニップルに油のようなものが回っていて触ると 指がヌルヌルします。
ちょっとパーツクリーナーを噴いた程度では脱脂できませんでした。
レイノルズのホイールで このような状態になっているのを見たことがないので
後から なにか塗布したようです。

お客さんは遠方から来られているので、中途半端なことをして直らなかった結果
再度来られるということを なるべく避けたいので

DSC01609amx6.jpg
反フリー側のスポークを一旦すべて外し、

DSC01608amx6.jpg
洗浄しました(画像は洗浄前です)。
超音波洗浄機にかけたところ、ニップルの穴から
黒いもやもやが モワ~と噴き出してきました。
ホイールの状態で ここまで脱脂するのは たぶん無理です。
フリー側のスポークもバラすことによって「今日もホイー(以下略)」枠を
この件にしつつ リムの重量をすっぱ抜く、というのも 頭をよぎりましたが
今日は それが出来る状況ではありませんでした。
反フリー側は「通し」ですが フリー側は「引っかけ」なので
比較的やりやすい条件ではあったのですが・・・


スポークのねじ山とニップル内部を脱脂して
ねじ止め剤を塗布してホイールを組み、
さらに外周側から反フリー側のニップルに高強度のねじ止め剤
(DTのものでホイール専用、普段は使わない)を差したので
まず ゆるみは出ないかと思います。

ゆるめて調整したのか ゆるんだのかは分かりませんが、
フリー側が まだ張れたのと、作業前の状態でリムが反フリー側に寄っていたので
それをセンター出しするぶんプラス少しだけ フリー側も増し締めしています。
作業後に お客さんにホイールを触ってもらって
作業前と違いが分かってもらえたくらいなので 微細な増し締めではありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3001-c2dc9210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター