のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ウィッシュボーンのセラミックプーリーを買いました  

最近、ウィッシュボーンというブランドの
DSC01756amx6.jpg
DSC01757amx6.jpg
BB小物を取り付けることが多いのですが、

DSC01768amx6.jpg
同ブランドが出しているセラミックベアリングのプーリーセットを買ってみました。

いきなりこんなことを書くのもあれですが、
しょーもない理由でレースを落としたくないシリアスレーサーであれば
プーリーを非純正のものに交換するべきではありません。
こんなパーツで変速性能が向上することは無く、
せいぜいが「変わらない」または「悪くなる」だけです。
「変わらない」についても、厳密には
「悪くなっていることが実感できない程度の劣化」を含むと思います。
たまに訊かれるので ついでに書いておきますが、
いわゆるビッグプーリーについても 私の見解は ほぼ同じです。

ということが分かっていながら
なぜリヤメカのプーリーを非純正のものにするのかというと
こういうのが好きだから、という答えになります。
もしかしたら変速が良くなるかも、という
淡い期待を抱いているわけではありません。

非純正プーリーの性能上のメリットといえば、
多くの場合 純正のものよりも回転が低抵抗という点が挙げられます。
というか それくらいしかありません。
シマノやカンパニョーロのリヤメカプーリーを 非純正のものに換える場合、
軸周りが 鉄球またはセラミック球のカートリッジベアリングであるため
上プーリーのスライド機能が失われます。
プーリーによっては 上下で歯先の形状(とくに歯の厚み)を変えていて
変速時のチェーンの左右位置が スライドプーリーのときと
似通うようなあそびを設けているものもありますが、
変速性能に関していえば 純正を超えたものを知りません。
どうしても非純正のものを使いたいのであれば
下プーリーだけの交換がベター(ベストはもちろん上下とも純正)で、
例えばKCNCのプーリーは1個での単品売りなので そういう場合に有用です。
単品売りということは、上下での作り分けをしていないということでもありますが。

DSC01769amx6.jpg
ウィッシュボーンのプーリーです。
シマノ用とカンパニョーロ用があり、色は赤と黒があります。
「いかにも いらんことをしているという見た目にしたい」という理由で赤にしました。
上下で明確に作り分けがしてあって、しかも回転方向の指定があります。
シマノとカンパニョーロの純正プーリーでは、
上プーリーには表裏の指定はありません(下プーリーにはあります)。

このプーリーでは画像の向きが右側で、上プーリーにも表裏の指定があります。

DSC01770amx6.jpg
ひっくり返しました。
こちらが左側(ホイールに近い側)になります。

DSC01772amx6.jpg
上プーリーですが、
DSC01773amx6.jpg
なんとスライドプーリーです。
内側(ロー側)に変速したときはプーリーの部分が外側にスライドし、
外側(トップ側)に変速したときは その逆になります。
なので従来の非純正プーリーよりも変速性能が良い、
ということに期待できそうですね。

DSC01774amx6.jpg
DSC01775amx6.jpg
なんと、下プーリーもスライドします。
チェーンが斜めにかかったとき(アウター×ローなど)に
角度を和らげる働きをするのかもしれません。

DSC01778amx6.jpg
取り付けました。
変速性能は、かすかですが 明確に悪くなっています。
といっても先ほどの表現でいうと「変わらない」に
含めてもいい程度ではありますが。

「フローティング(スライド)プーリーなので」非純正プーリーとしては
考えられないくらい変速がシパシパ決まります!という論調で
ステマ記事を書く、という嘘がつけませんでした。
すみません(←誰に謝っているのかは不明)。
チェーンが進行方向に対して まっすぐかかるような
前後ギヤの組み合わせでペダリングしたところ、
たしかに回転が軽くなったという感触はあります。
ある時期から使われるようになった表現で言えば
「同じ速度が より低いワット数で出る」ということになるのでしょうか。
変速のタッチはクリック感が増したというか、硬くなりました。
レース中、頭の中がドロドロのときに
変速のタッチがカッチリするのはありがたいかもしれない、
という話を 今ひねり出しました。ものは言いようです。

ひとつ気に入っている点として、肉抜き穴が無いのは いいと思いました。
プーリーの肉抜き穴にホコリとオイルの団子が詰まった場合、
掃除が非常に面倒だからです。

このプーリーにして最も顕著に感じたことは「駆動音」です。
ヂリヂリという独特の音(アルミプーリー全般に出る音ではない)がします。
オールド・カンパニョーロに通称「鉄レコ」というリヤメカがあるのですが、
鉄レコといいながら燐銅製・・・なのはいいとして
時代によっては プーリーの形状が歯車ではなく円盤になっているものがあります。
これはペダリング時に独特の駆動音がするのですが、
ケイデンスを一定に保ち 淀みなくペダリングすることで
チェーンの滑りの音が「シャーッ」と静かになるゾーンがあり、
それを会得したうえで 秋に田んぼの近くを走ると
虫の鳴き声がはっきり聞こえる、という風流な話があります。
ウィッシュボーンのプーリーは
「トリム調整をせずに フロントメカの内側に
チェーンの横っ腹が擦りまくっているのを
お構いなしにペダリングしている奴が
真後ろにベタ付きしている」かのような音が常時しているので、
たいへん風情があります。

樹脂製プーリーで肉抜き穴がある場合、
ホコリとオイルの団子が そこに詰まると
比重的には穴無しプーリーと同程度になるのではないか
(肉抜きプーリーが汚れると、肉抜き無しプーリーと
結局 同じ重さになるんじゃねーのか疑惑)
と思ったことがあるのですが、真偽はどうだか
プーリーの穴には静音効果があるという話を聞いたことがあります。
また、樹脂製のプーリーで時間が経ったものに
乾燥した木材のようなバシッとした割れが入ったものを
見たことがありますが、肉抜き穴は それを防ぐ効果があるのかもしれません。
肉抜き穴があるのに よく割れるプーリーの話もあるのですが、
それはまた今度。

DSC01781amx6.jpg
あった あった、これだ。

DSC01782amx6.jpg
未使用のサンツアーのデルリン製プーリーですが、

DSC01783amx6.jpg
バシッと割れています。

DSC01784amx6.jpg
カンパニョーロのCレコード時代の白プーリーも よく割れるのですが、
これは無事でした。

DSC01786amx6.jpg
先ほどのデルリンプーリーは銀色ですが、
一般に よくある色はこのグレーです。

DSC09775amx5.jpg
DSC09776amx5.jpg
DSC09777amx5.jpg
この話はまた今度にするつもりでしたが、
やっぱり いま触れておきます。
これはスラムのフォースですが、
この年代のレッドやフォースのプーリーは よくクラックが入ります。
本当に高確率なので、同様の肉抜きプーリーが付いているという方は
一度 お確かめください。
よほど後ろめたいことがあったのか、
現行のレッドでは肉抜きが半穴(突き抜けていない)に変わっています。
なぜ また今度にしようとしたのかですが、
スラムのリヤメカ(フォース)のプーリーが割れていたという理由で
お客さんの了解無しにリヤメカそのものを無断で交換して金を払えといった
あるクソショップの話を書くときに触れようと思っていたからです。
その件ではプーリーが割れていた「という」リヤメカは
お客さんに見せることも無く「捨てた」と言っているので
プーリーの割れについての真偽は不明ですが、
上の画像は別件で撮ったものです。

DSC01790amx6.jpg
↑追記:現行のレッド22のプーリーの画像
肉抜き穴をやめるだけなら 無加工でいいのであって、
大した軽量化にもならない半穴を わざわざ設ける必要はありません。
やはり なにか理由はあるようです。

ウィッシュボーンのプーリーに話を戻します。
肉抜きありの金属プーリーが摩耗しまくって
穴とふちがつながりそうになって使用をやめたことが
過去に何度もあるのですが(→こちら)とか(→こちら)、
ウィッシュボーンのプーリーは その点は問題なさそうなので、
どの程度使えるのかに興味があり買ってみました。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/10/08 14:05 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/10/09 08:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3014-e3d41b7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター