のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アタックの後輪を組み換えました  

お客さんから レイノルズのアタックをお預かりしました。
DSC01904amx6.jpg
お客さん自身で振れ取りを試みたところ、
ニップルを割ってしまったということです。

DSC01906amx6.jpg
↑ここですね。
これの補填+振れ取りだけなら のりテープ式リムテープを剥がさずに
フルクラムのレーシング3のニップルを呼ぶ工具で
何とかしたのですが、

DSC01905amx6.jpg
このホイール自体がヌルいのが気になるということで
半コンペヨンロク組み結線ありにしてほしいということです。
ちなみに、おそらくですが お客さんの調整がゆるめる側傾向だったのか
レイノルズの吊るしとしては反フリー側がヌルく、
スポークのたわみが大きくなっていました。

割ったニップル以外にも、ナメたニップルが多数あったので
使い回しはしません。
あと、画像のもそうですが スポークの扁平方向が
あっちこっちに向いているのも素人くさい仕事ですが
本当に素人さんの仕事なので何も言わないよ!


このホイールのニップルは外周側からも回せますが、

DSC01907amx6.jpg
それをするには 先ほど書いたように
のり式のリムテープ(再利用不可)をめくらなくてはいけないので
内周側で調整したこと自体は仕方ありません。
外周側での調整が前提なのか、
1:内周側の四角のつかみしろが非常に短く
2:しかも角が立っていない(妙に丸い)うえ
3:ねじ止め剤が強く効いているので
ナメやすい条件が これでもかと揃っています。
お客さんによれば さらに、
4:安い工具で回した
そうです。

DSC01910amx6.jpg
組めました。

DSC01912amx6.jpg
リーフハブ24H 黒半コンペヨンロク組み結線ありです。

結線ホイールとしては←この予測変換おかしい
決戦ホイールとしては初めての のむラボホイールと言われましたが、
私が組んだパワータップの後輪を普段使っているとのことでした。
お世話になっております。

なお、リム重量の実測値についてですが、
蟹光線亡き今すっぱ抜かれることはありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/10/17 03:39 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3031-bba427d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター