のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アサルトさん  

お客さんから アサルトの後輪をお預かりしました。
DSC02107amx6.jpg
DSC02108amx6.jpg
反フリー側のスポークに 黄色いテープが貼ってありますが、
ここだけテンションが低く 乗った感触にも現れているそうです。
実際に触っても 他の反フリー側のスポークよりもグラグラと動きます。

原因のひとつは、ニップルのゆるみが出始めていました。
前後輪問わずラジアル組みは ニップルのゆるみが出やすいです。
一度ゆるみ始めると、走行の振動で徐々にゆるんできて
ニップルの首下がリム穴にかからなくなる(実質テンション ゼロ)と
さらにゆるみが加速し ゆるみきったニップルが
リム内部に落ち込むこともあります。
今回はその症状の出始めといったところで、増し締めすれば問題ありません。
一旦ねじ山が見えるところまでゆるめてから ねじ止め剤を塗布して
増し締めしているので 今後この箇所がゆるんでくることはまず無いはずです。

もうひとつの原因は、センターずれでした。
リムがえらくフリー側に寄っています。
反フリー側の一方的な増し締めが出来るので
条件としては むしろありがたいのですが、
レイノルズにしては ずれの量が大きめなので
お客さんに過去の振れ取り履歴を訊いてしまいました。
吊るしの状態そのままで、触ったことは無いそうです。
以前にも書いたように内周側のつかみ面が妙に丸いニップルに、
工具をかけた跡がなかったので 確かに吊るしのままのようです。

センター出しと振れ取りをしつつ なるべく張ったところ、
お持ち込み時よりは明らかに張りましたが
他のスポークと比べて 低テンションなのは変わりませんでした。
これは、スポークの扁平度の個体差や
リム内径の個体差(リム自体の真円度やリム穴部分の厚み)が
不均一なことによって起こると思われます。
あと もちろん、縦振れがひどい場合は
外周側に振れている箇所のスポークテンションが低くなりますが、
今回は調整後の状態で ほぼ縦振れが無いので関係ありません。

反フリー側のスポークのうち、最もテンションが低いスポークが
「振動でゆるみが出ない閾値以上」で張ってあれば
テンションのバラつきが多少あっても ゆるむことはまずありません。
それを反フリー側ラジアル組みで得るのは
フリー側がかなり張れるリムであっても難しい、というのが
私が反フリー側ラジアル組みを嫌う理由のひとつです。

話は変わりますが、昔のアルミリムでハトメを入れていたのは
リム穴部分の厚みの不均一さをごまかすためですが、
それについて「リムの補強目的」と謳うことも
真の理由(少なくとも最大の理由)をごまかしています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3049-06aa522e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター