のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

初代シャマルウルトラのリムを交換しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02199amx6.jpg
お客さんから初代シャマルウルトラ(通称 金シャマル)の前輪をお預かりしました。
この画像からも すでに分かるように、

DSC02200e.jpg
DSC02201e.jpg
リムが修復不能なまでにグシャッているので交換となります。
金リムはスペアパーツとしても すでに廃版となっているわけですが、
あえて しれっと当時の品番を調べて金リムを注文しました。
するとやはり廃版であることと、黒リムで対応可能だと言われましたが、
このやり取りには意味があります。
黒リムで対応していいという言質をとった形になるからです。

この件とは関係が無い話になりますが、8年くらい前でしょうか 昔に
コスミックカーボンSSCの20Hの後輪(初代は後輪も16Hなので二代目)の
リム交換を承ったときに、コスミックカーボンSLがすでに出ていて
どちらのリムも入手可能だったことがありました。
SSCのリムは両ハトメでリム穴間の切削なし、
SLは片ハトメでリム穴間の切削ありという違いはあるものの
リム内径が同じなので SSCのハブとスポークを使って
SLのリムで組むということは可能なことに思えます。
SSCとSLではスポークの長さが違うのですが、
これはハブの形状が違うことから 長さが違うだけであって
ハブとスポークをセット(例えばSSC同士)にすれば
リムの内径は同じなので組めない道理は無いのです。
もうひとつ細かいことを言うと、SSCのほうがスポークの扁平幅が広いので
リムにあけてある穴の幅が広いのですが、
これについても リムのみSL・それ以外SSCで
ギリギリ何とかなるのは確認済みです。
で、当時 代理店に SSCのリム交換をSLで対応していいのかと訊いたところ
互換性が無いので無理、という返事でした。
リム内径が同じなので組めるはず、と言ったのですが
とにかく互換性がありませんの一点張りです。
それだけなら 私もそれ以上どうとは思いませんが、
その翌年ごろに SSCのスペアリムが廃版になりまして、
代理店から「SSCのリム交換はSLで対応してください」という
公式なアナウンスが出たのです。
おいおいお前去年それあかんって言ったやんけふざけんな、と
もちろん思ったわけですが「その時はそのとき」というわけです。

で、今回の件に戻りますが
もし私が金リムの修理を「勝手に」黒リムで対応したら
「金リムは金リムでしか直すな、黒リムで実際組めるかどうかに係わらず
そういう対応は認めない、金リムがグシャッたら諦めて買い換えろ」という
狭量な公式見解が返ってくるかもしれません。
もっと言うと、前輪なら間違いなく レーシングゼロのリムで修理できるわけですが
それは建前上さすがに OKとはなりません。


なので 金リムを注文したところ黒リムで対応してちょんまげ※と言われた
やり取りには意味があるということです。
柔軟な対応に感謝します。

※いま思い出したのですが、
語尾は ちょんまげでは無かったと思います

DSC02204e.jpg
DSC02205e.jpg
シャマルウルトラやレーシングゼロの スポーク交換やホイールの組み換えでは
ニップルを使いまわすこともありますが、
このグレーがかったアルマイトのニップルは
ある時期のカンパニョーロのBBカップ同様
さびが浮いてきて 日焼けの皮のようにめくれてきます。

DSC02214e.jpg
なので今回は アルミアルミした色の現行品に全て交換します。
現行品と書きましたが、2017年からは またグレーニップルになるらしいので
もうすぐ「現行品」とは呼べなくなります。
新グレーが 旧グレーと同じ色かどうかは知りません。
C17にワイドリム化してからはニップルの形状も違うようなので、
仮に同じ表面処理であったとしても
以前と同じものに戻るというわけではありません。

DSC02207e.jpg
全てのスポークを、ねじれを生じさせずにバラせました。
もちろん使いまわします。
お客さんとしては、もしリムがグシャッている部分のスポークなどに曲げがあって
スポークの色が部分的に違う おしゃれ泥棒状態になっても
別に構いません、むしろかっこいいかも、
あまりに多くの本数が要交換なら連絡ください、
とのことでしたが残念ながら全て無事でした。

DSC02215e.jpg
あと、多少であればスペアスポークを持っています。

DSC02208amx6.jpg
組めました。

DSC02209e.jpg
見慣れない組み合わせだからか、かっこよく見えます。

DSC02203e.jpg
ところで今回、お客さんはダークラベルを貼ることを ご希望なのですが
別件の修理と合わせてブライトラベルも合わせて注文し、届いています。
これを貼るのは作業の都合上ホイールに組んでからではなく
リム単体のときにするのが楽なのですが、
それをしなかったのには理由があります。

このステッカー、長いと 貼るのにしくじりやすくなるという気遣いからか
「SHAMAL」「ULTRA」「CAMPA」「GNOLO」の4つに
分割されているのですが、
シャマルウルトラは前後輪でリム高も違うので
ステッカーはさらに 縦幅が狭いフロント用と
広いリヤ用に分かれています。

DSC02210e.jpg
↑SHAMAL F×2 R×2

DSC02211e.jpg
↑ULTRA F×2 R×2

DSC02212e.jpg
↑CAMPA F×2 R×2

DSC02213e.jpg
↑GNOLO R×4
というわけで、ニョーロだけ リヤ用が4枚届いているのです。

うおおお困ったこういう攻撃はやめろそれは私に地味に効く

使いさしを混ぜつつも数は合わせている、のは別に構いません。
以前にも こういう形で届いたことはありますし、
ステッカー自体に瑕疵は無いので。
フロント用4枚、というのであれば 一応は 別に構いません。
今回の件で困るわけではないからです。

私はこのステッカーについて、前後で価格を半分に割って
それぞれ別売にしています。
例えば この件で「前後セットで取り寄せる以上不要なほうも買えや」と
お客さんに求めることも可能ですし 実際そうしているショップもあるのですが、
私の方針としては 一生使わないかもしれないパーツを
ショップ側の都合でお客さんに買わせるというのが
どうにも気持ち悪くてできないのです。
これについては あるクソショップの実例を交えて書こうと思っていたのですが、
ここで触れたからといって後日触れないわけではありません。たぶん。

で、かつて使わなかったステッカーの片割れを調べたのですが
ダークラベルのフロント用は在庫がありませんでした。
助けてちょんまげ。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/10/02 23:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3053-3329d51a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター