のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラ ウルトラ 35 ブライトラベル チューブラーさん  

お客さんから ボーラウルトラ35をお預かりしました。
DSC02421amx6.jpg
反フリー側のブレーキゾーンに、ブレーキ熱による熱ダレで
デコボコしているので なんとかならないか、ということです。
画像の状態の青いマスキングテープは
作業の都合上 私が貼ったものです。

推測ですが、ダイレクトマウントブレーキをお使いではないでしょうか?
「シマノのダイレクトマウントブレーキは、下りでのブレーキングを想定した試験での
リムの左右でのブレーキ熱の温度差が当社のものより大きいです」という
カンパニョーロでの試験結果を見たことがあります。
あるいは、ダイレクトマウントブレーキの固定用2ピヴォットを
従来のブレーキ固定穴に取り付けるために1シャフトに変換している形状の
「疑似ダイレクトマウントブレーキ」である
BR-9000のようなブレーキアーチでも
同様の結果になるのかもしれません。

と思ったのですが フリーボディがカンパニョーロ用なので
お客さんが使っているコンポも おそらくカンパニョーロだと思われるので
関係ないかもしれません。

とにかく、リムの片側だけが ブレーキ熱でやられるというのは
珍しい症状です。

DSC02422amx6.jpg
↑黒いポツポツとした部分が 熱によるふくらみです。

DSC02423amx6.jpg
やり過ぎが怖いので、ほどほどに削りました。
ほどほどとはいえ けっこう削っています。←どっちやねん

タイヤがリムセメントで張られていたので、作業前後で試乗させてもらいました。
ブレーキを軽く当て利きさせつつ乗ると 1周に1回「ゴッ」とした感触がありましたが、
これは顕著な横振れが原因で、ブレーキゾーンの熱ダレとは あまり関係がありません。

DSC02424amx6.jpg
横振れを取ったあとにタイヤを外しました。
センターずれを確実に取りたかったからです。
あと、ハブにガタがありました。
センターずれはありましたが、暫定センターを見ずに振れ取りをしたので
元からなのか 私の作業でずれたのかは不明です。

画像の状態は、タイヤとリム双方に塗ったリムセメントの乾燥待ちです。
この時点ではフリーボディとスプロケットは私のものを取り付けています。

DSC02425amx6.jpg
タイヤを張りました。
リムセメントが効いてから 少し試乗しましたが、
ブレーキの感触は だいぶましにはなったものの 新品同然とはいきませんでした。
これ以上となると リム交換になります。申し訳ありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3076-4a5650ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター