のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ライトニングアルパインのリムの交換などをしました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02615amx6.jpg
お客さんから、アルパインブランドのリムで組まれたというか
私が過去に組み換えたホイールをお預かりしました。
元の状態は、チェンハウ製のハブで
アメリカンクラシックのものと ほぼ同等品ですが、
フロントハブはベアリングが すぐ死に、
リヤハブはナローフランジで横剛性が無く
(これは組み方も問題ですが)シュータッチするので
いずれもノヴァテックの291/482ハブで
私が過去に組み換えてあります。

今回は、スポークとびの修理ですが
リムのブレーキゾーンが かなり摩耗していたので
のむラボホイール5号のリムで組み換えることになりました。
同じラジアル組み同士の場合、組み換え後のほうが
スポーク長さが2mmほど長いのでスポークの使い回しはできません。
逆のパターンで、組み換え前のCX-RAYが未カットであった場合は
使い回しは可能です。

DSC02616amx6.jpg
組めました。

DSC02617amx6.jpg
どのみちスポークを新調するんだからということで、
お客さんと相談してタンジェント組みにしてみました。
CX-RAY ヨンヨンイタリアン組みです。
ニップルは基本的に銀アルミをご希望で、

DSC02618amx6.jpg
バルブ穴の両隣が青アルミ、
DSC02619amx6.jpg
対岸の リムの継ぎ目の両隣が金アルミというのをご希望だったので そうしました。

DSC02620amx6.jpg
つづいて後輪。

DSC02621amx6.jpg
全CX-RAYを半コンペに、
赤アルミニップルなのを 前輪と同じパターンに、という希望です。

DSC02622amx6.jpg
組めました。

DSC02623amx6.jpg
フリーボディやハブ体が 組み換え前よりも 妙にきれいなのは
ただ洗浄しただけでなく、前後ハブとも左右ベアリングを交換しています。
フリーボディ内部の2連ベアリングだけが無事で、あとは全てゴリゴリでした。

もし前輪の組み換えをラジアル組みでする場合、
組み換え前のフリー側のスポーク12本をカットして
フロントの20本中12本に使い回すことも可能だと
事前にお客さんに提案していますが、
気持ちよく交換することをご希望だったので
フリー側の12本は廃棄になりました。

反ヌポークラジアル組みをするとして、
フリー側12本のうち 元ヌポークの6本を
反ヌポーク通しで再使用するのも あまりいいことではありません。

DSC02624amx6.jpg
DSC02625amx6.jpg
ニップルの仕様は前輪と同じです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3092-aee56658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター