のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

オメガVのWOリムで前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02803amx6.jpg
お客さんから カンパニョーロのオメガVのWOリムをお預かりしました。

DSC02804amx6.jpg
アラヤのエアロ1的なV型形状のリムで、
いわゆるディープリムが世に出る以前のモデルなので
当時はこういうのを「エアロリム」と呼んでいました。

カンパニョーロのリムには シグマやラムダやオミクロンなど
モデル名をギリシア文字から取っていた時代のものがあり、
オメガというのは平たいローハイトリムなのですが
これはオメガVという それとは別のモデルになります。
チューブラーリムと WOリムの2つがあるので
わざわざオメガVのWOと明記しました。

この後に リムのモデル名を夏季オリンピックの開催地とするようになりますが、
オメガVのWOと モスクワ80は同じリムです。

DSC02805amx6.jpg
この時代のカンパニョーロのリムは、
リムのステッカーを読める向きにしてから回転させると
DSC02806amx6.jpg
対岸のステッカーは逆向きになっています。

DSC02807amx6.jpg
仮に、オメガを読める向きで下側にすると
DSC02808amx6.jpg
その状態から見上げたカンパニョーロも読める向きになる、
という風にステッカーが貼られているので、
どちら向きに組もうと間違いではありません。

DSC02809amx6.jpg
バルブ穴の対岸、リムの継ぎ目のMade In italy表記が
真下に来たときに進行方向から読めるように、とすると
DSC02810amx6.jpg
↑こうなるので この向きで組むことにしました。
別に これと逆で組んでも問題はありませんが、
「こっち向きで組む」と決めたら 前後輪でそろえないと
見た目が悪くなります。

DSC02811amx6.jpg
前輪を組みました。

DSC02812amx6.jpg
エボライトハブではなく、あえてのエボハブで
28H CX-RAYロクロクイタリアン組みにしました。
お客さんの希望は 銀スポーク・銀ニップルという点だけで、あとはお任せです。
エボハブにした理由は お客さんにはお伝えします。
問屋さんに在庫が無かったからとか 当店の在庫処分とか
そういう理由ではありません。

どーでもいい話ですが、
ホイールを組む直前まで このリムを32Hだと思っていました。
その勘違いが無ければ たぶん後輪も組めていたと思います。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3120-48828c7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター