のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

REDのリヤメカをニコイチしました  

お客さんから スラムのリヤメカをお預かりしました。
DSC03047amx6.jpg
走行中、急にプーリーケージがパンタグラフ部分から外れたということです。
画像の状態でも 実際にそうなっています。

DSC03049amx6.jpg
↑このリヤメカは、フランジ付きのシャフトを
ピンで通せんぼすることによってプーリーケージを固定しています。
そのピンが画像にあるプラスねじなのですが、
これが抜けない限りプーリーケージが抜けることも無いはずなのです。

DSC03050amx6.jpg
↑穴の奥、画像でいうと上側にピンが通っているのが見えます。
ではなぜ抜けたのかというと、

DSC03051amx6.jpg
DSC03052amx6.jpg
フランジが ひしゃげていました。

DSC03108amx6.jpg
シマノのリヤメカは ここにピボットボルトを通してから
スナップリングをかけている方式であることが多いですが、
ある時期のリヤメカ(7700時代のアルテグラ以下など)では
同様に 通せんぼピン式のものがあります(上の画像)。
そちらはスチール製のもっと太いシャフトのスリットに ピンを通していますが、
それと比べるとREDでは チタンのシャフトに申し訳程度のフランジという
軽さに走りすぎた構造なので、壊れるのも分かります。

DSC03054amx6.jpg
今回壊れたリヤメカとは別に、お客さんが「同じ」REDのリヤメカを持っているので
それと合わせて ましなパーツ同士でニコイチしてほしい、ということで
IKEAにザリガニを食べに行ってしまいました。
確か、ザリガニフェスティバルは もう終わっていたはずです。

それはともかく「同じ」とわざわざ書いたのは、同じでは無かったからです。

DSC03053amx6.jpg
ひしゃげてないフランジ

DSC03066amx6.jpg
↑こんな感じで通せんぼピンが入っているわけですね。
念のため壊れたほうのリヤメカからピンを抜いてみたのですが・・・

DSC03068amx6.jpg
DSC03069amx6.jpg
なんじゃこりゃあ!
ピンは ねじ込めば不動なので、プーリーケージの動きで摩耗するようです。
実はけっこうな消耗品(構造上の弱点)なのかもしれません。

DSC03070amx6.jpg
そして、壊れていないほうのリヤメカのピンも
程度の差はあれ 同様の摩耗があります。

DSC03055amx6.jpg
壊れていないほうのリヤメカが部品取り状態になっている理由は
(スラムのリヤメカはシングルテンションなのでBテンションは存在しませんが)
シマノでいうところのBテンションアジャストボルトが
ツライチで折れたうえ固着しているのであきらめた、ということでした。

DSC03056amx6.jpg
DSC03057amx6.jpg
あきらめるな!
しかし、これを外したところで再利用は叶いませんでした。

DSC03058amx6.jpg
↑これは、プーリーケージがもげたほうのリヤメカの
トップ側調整ボルトを 内側から見たものです。
アルミボディに ねじ山が直接切ってあります。

DSC03059amx6.jpg
ところが もうひとつのリヤメカでは、
ねじ山部分はプラスチックが埋め込んであるのです。

つまり、全く同じに見える 2つのREDのリヤメカは
バージョン違いで「同じ」ではないということです。

DSC03060amx6.jpg
DSC03061amx6.jpg
で、パンタグラフ部分の状態(擦り傷など)が良い
アジャストボルトを抜いたほうのリヤメカは、
トップ側調整ボルトのプラスチックねじ山を紛失していたので
再利用ができませんでした。

DSC03062amx6.jpg
プーリーは、上下左右ともに3つの四角い切り欠きがある
バージョンのほうが割れが無く、

DSC03064amx6.jpg
こちらは割れていたので 割れの無いほうを使います。
ひとつ前の画像、プーリー固定ボルトの周りに
ぴりっとクラックが入っているので使いませんでした。

DSC03077amx6.jpg
フランジ付きチタンシャフトは、外側プーリープレートに
固定されているので交換できません。
シャフトがひしゃげていないほうのプーリープレートにクラックがあったので
ちょっと盛りめに補修しました。

DSC03078amx6.jpg
直したリヤメカは お客さんのフレームに取り付けました。
余ったパーツは ほとんど使い物になりません。
ところで この箱、お客さんが持ってきたものですが
VHSのビデオテープをちょうど収納できるサイズの
引き出し状になったケースです。







DSC03079amx6.jpg
そんなものは無い

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3154-8283b435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター