のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

FIXERのトップチューブのリベットナットを切りとばしました  

ドリルがうなる!
DSC03189amx6.jpg
私物の3本ローラー用バイクを色々いじるために持ってきました。

シングルでフリーギヤ、3本ローラー専用なのでブレーキを付けていません。
固定ギヤの場合は バックを踏むと吹っ飛ぶので
ブレーキはあったほうがいいですね。

このジャイアントのフィクサーというバイクですが、
トップチューブ裏にアウター受けを任意に取り付ける形式となっており
ボトルケージ穴と同じサイズのリベットナットが
トップチューブの前後に打ちこんであります。
そのアウター受けを外してあるのですが、
汗で錆びるのを わりと気を付けていたつもりが
ねじが固着してしまいました。

DSC03171amx6.jpg
まずはトップチューブ後方から。
ねじが回りません。無理にやると 六角穴がナメます。
付属のねじを そのまま締めていましたが、
3mmアーレンキー穴の なべ頭ねじということを勘案し
別のねじにしておかなかったのは 失敗でした。

DSC03172amx6.jpg
ぎゅいーん!

DSC03173amx6.jpg
リベットナットを中に落としました。

DSC03175amx6.jpg
DSC03176amx6.jpg
つづいてトップチューブ前方です。
分かりますでしょうか。
ねじが回っているように見えますが、リベットナットごと回っています。

DSC03177amx6.jpg
ぎゅいーん!

DSC03178amx6.jpg
どうでもいいことですが、紫の塗装は 黄緑の上に吹いているようです。

DSC03179amx6.jpg
ふちを残して切りとばせました。
フレーム内部にある側は、カシメの径が穴以上なので
この状態にしたところで ここから外に抜くことはできません。

DSC03180amx6.jpg
リベットナットを中に落としました。
今回、リベットナットの打ち直しは やりません。
もし今後 必要になればそのときにやるつもりなので
グロメットかテープで穴を塞いでおきます。
汗溜まりを避けるなら テープのほうがいいかもしれません。

DSC03181amx6.jpg
ヘッドパーツをフレーム付属のものから

DSC03185amx6.jpg
クリスキングのこれに交換するというのが
ここに持ってきた理由のひとつです。
フレームからフォークを抜くので
リベットナットの回収も ついでにできます。

DSC03183amx6.jpg
下玉押しを外しました。
左右のブレードの上部そのものを
クラウンに溶接している形式のフォークを
ユニクラウンフォークといいますが、
クラウンにコラムを挿しこんでいて、妙な すき間があるのが気になります。
通常、ユニクラウンはコラムとクラウンが別体ではありません。

DSC03184amx6.jpg
何となく信用できないので、フロントブレーキは取り付けていないものの
シャフトと同寸法のねじを取り付けています。

DSC03190amx6.jpg
DSC03192amx6.jpg
リベットナットを回収しました。

DSC03193amx6.jpg
フォークコラムに すでに打ちこまれているので どのみち使いませんが、
クリスキングのスターファングルナットは使わないほうがいいです。
通常ありえない(はずの)こととして、
トップキャップのプレッシャーに負けて
スターファングルナットがせり上がってきた事例を
過去に何度か見たことがありますが、
その全てがクリスキングのこれ(羽根の形で分かる)だからです。

DSC03195amx6.jpg
プラクシスワークスのオルバというクランクに交換したかった、
というのも持ってきた理由のひとつです。
綴りはALBAですが、日本の代理店がオルバと表記しているので それに倣いました。
このクランクは170・172.5・175mmの3種類の長さが仕様としてありますが
これは165mmです。カタログ外モデルなのは、メーカー完成車の外し品だからです。

DSC03186amx6.jpg
元から付いていたチェーンリングは50-34Tです。
このクランクはPCD110mmの5アームですが、
プラクシスワークスの自社規格として
マイクロコンパクトなる48-32Tギヤの取り付けも可能になっています。
上の画像は34Tを裏側から見たもので通常の5ピンで固定されていますが、
32Tの場合は カンパニョーロのように インナーギヤに
直接ねじが切ってあるチェーンリングになっています。

もちろん、PCD110mmでは34T未満の歯数は想定外なので
クランクの5アームの先にチェーンのリンクが乗っかってしまいますが、
このクランクでは それを避けるために

DSC03187amx6.jpg
深め 且つ 穴ギリギリの段付きヌスミを設けています。
段付きヌスミについては(→こちら)もどうぞ。

DSC03197amx6.jpg
テンショナー無しのシングルギヤに
非真円チェーンリングを取り付けています。
非真円の度合いが大きくないので、
最もチェーンのテンションが張る位相で後輪の位置を調整すれば
チェーンがたるむ位相でも はねたり外れたりはしません。

DSC02935amx6.jpg
3本ローラーのベアリングから、いかにも「腐っています」という音がするので
交換することにしました。

DSC02936amx6.jpg
外してみると6200Zという品番でした。
6200は 内径10mm外径30mm厚さ9mmの規格ベアリングで、
末尾のZは金属シールド(非接触式)であることを意味します。

DSC02937amx6.jpg
DSC02939amx6.jpg
交換するベアリングは あえて接触シール式(末尾がLU)のものにしました。
摩擦トルクは こちらのほうが大きいです。

DSC02942amx6.jpg
このエリートの3本ローラーは「ベロドローム」という廃版モデルですが、
ベロドロームと呼んでいるのは日本の問屋さんだけで、
世界的にはparabolic rollersであり 箱や説明書にも そう書いてあります。
元々から フライホイール効果が小さく
(ローラーの材質と 重量の軽さからして当然ですが)
ローラーとタイヤの抵抗もアルミ製ローラーよりも大きいので、
足を止めたときにフリー走行できるのは ほんの数秒です。
シャーッと回り続けることは無く、キューン・・・とすぐに止まります。
上死点で足を止めた側のシューズのラチェットを締める時間が
あるかどうかといったところです。
なので機構そのものが負荷装置といった感じになっているので
回転がさらにねっとりとなることには問題がありません。
それとギヤ比で負荷を調整します。


お蔵入りっぽくなっている記事を まとめて上げようと思っていたのですが
自分のバイクを触っていたら 時間が吹っ飛んでいました。
ドリルがうなる!系の記事が多いですが、
書くのに時間がかかりそうな記事を多々 お蔵入り状態にしております。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/01/05 12:56 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3163-d9ff60c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター