のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール5号まがいのホイールのリムを交換しました  

お客さんから XR200リムの後輪をお預かりしました。
DSC03323amx6.jpg
ここ最近見た中では 最低最悪のホイールです。

DSC03324amx6.jpg
星のスターブライトでヨンロク組みしていますが、
ヨンロク組みすれば無条件で硬いホイールになるとでも思っているのか?
「フリー側をあるテンションにしたときに、反フリー側が より張る」
というのが左右異本組みの骨子であって、
それをうわべだけ形にするだけでは意味がありません。
何せ、フリー側のスポークテンションからして張れていないのです。
ヌルいとかいう話ではなく、ママチャリのホイールでも もうちょい張ります。
しかも、リムがフリー側にガッツリずれていました。
それもあって反フリー側が異常にたわみます。
はっきり言って ヌルいというより、組みかけのホイールです。

私は何も、私以外が組んだ 手組みホイール全てに対して
ケチを付けているわけではありません。
先日もこれと同じ部品構成の
Tniハブ・スターブライトスポーク・XR200リムのホイールを
点検しましたが、そこそこ張っており
センタードンピシャで振れもほぼ無しでした。

あと、素人さんが組んだものであれば 何もここまで書きません。
プロがお金をもらってやった仕事がこれだから ムカつくのです。
どこのショップなのかまで教えてもらいましたが、ここには書きません。
このブログを読んでいなければ ヨンロク組みなど一生思いつくことが無い
(たいていの組み手はそうだと思いますが)はずなので
ここを読んでいるはずなわけですが、
いずれ本人の目に留まるかもしれませんので書いておきます。
現時点でこれなら お前はおそらく一生まともなホイールを組めないから
もう あきらめろ。これはひどい。
手組みホイール全般がこの程度のものだと勘違いされるのは
ものすごい迷惑だから。

お客さんがお持ち込みされた理由は
落車によるムポテチ疑惑があるからですが、
振れ取りで修理できそうにないので

DSC03325amx6.jpg
リムを交換しました。
詳しくは書きませんが、ミドリル処理していないリムは
バラす方向にニップルを回すのも一苦労です。
あと、スポーク長さが間違っていました。
思うところあって短め、では説明できないくらい短かったです。
バラしたリムはガラスの定盤でかすかに反っているのを確認しました。
ポテチ疑惑がスポークの局所的なゆるみで起きたもので
リムが反っているように見えただけであったなら リムの交換はしていません。
組み換え前、作業前の暫定センターがガッツリ
フリー側にずれていたと書きましたが、
これはリムの反りと関係ない位相でもそうなので、
落車の前であってもセンターずれがあったことは間違いありません。

DSC03326amx6.jpg
全コンペ32H ヨンロク組み結線ありです。
ヨンパチ組みにしなかったのは、組み換え前と同じ
左右同径異本組みで組んで比べてほしかったからというのもあります。
まずは結線無しの状態で お客さんにホイールを触ってもらいました。
結線は お客さんの希望ですが、それによって
組み換え前のホイールを超えたと思われたくないので。

組み換え前のホイールの状態と比べるのであれば、
私がロクロク組みしても より硬いホイールは簡単に得られます。
というか組み換え前のものはホイールではありません。

あと、画像は無いですが 今日はもうひとつ
のむラボホイール5号の組み直し(私が組んだもの)をしています。
反フリー側のスポークのみ全交換しました。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3176-9f6528a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター