のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウム125のリムを交換しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC03402amx6.jpg
お客さんから キシリウム125の前輪をお預かりしました。
以前に 座屈でリムのビードフックが変形したのを、
私が曲げ直して一応使えるようにしたものです。
お客さんいわく 一応どころかブレーキをかけても
座屈ポイントが全く分からないくらいだったそうですが、
先日また同じような座屈をしてしまい それ以降は
リムの変形がブレーキの感触で分かるようになったとのことです。

DSC03403amx6.jpg
DSC03404amx6.jpg
↑以前に直した箇所ですが、ここ以外に変形が無いので
たまたま同じところで座屈したのでしょうか?

DSC03407amx6.jpg
というわけで リムを交換することになりました。

DSC03405amx6.jpg
キシリウム125は6000ペア限定のモデルですが、
DSC03406amx6.jpg
スペアリムにはシリアルナンバーがありません。
限定品だからパーツの供給がない、ということが無くて良かったです。
出た年に買って すぐに壊したというのでなければ
これ以降のキシリウムSLRのリムで対応できそうではありますが。

昔 デュラエース25周年というコンポキットの記念モデルがありまして、
全てのパーツに(チェーンのプレートやブレーキ/シフトアウターにまで)
25 DURA-ACEと刻印されていたのですが、
チェーンやBBやスプロケットなどの消耗品が1回こっきりで終了、
以降は通常品が混じるというのもどうかということで
購入者限定のハガキをシマノに送れば追加購入できるということに
してはどうか、というアイデアがあったらしいですが 立ち消えになりました。
広い意味ではクランクセットやブレーキアーチも消耗品なので
本当に1回こっきりにしようと決まったらしいです。
いえ、あの、批判しているわけではないですよ 念のため。

25周年記念のデュラエースですが、仕上げの違いからか
ベースモデルの7700コンポキットより
ほんの少し軽くなっています。
それもあってかどうかは知りませんが、
当時のシマノコンポ供給チームのエース級選手は
レース用の実車に組み付けていました。
デュラエース25には 専用のアタッシュケースと
自動巻きの時計が付属しているのですが、
プロ選手が使っていたのが自腹ではなく
シマノから宣伝目的で供給されていたのであれば、
ケース無しのバルク品のデュラエース25が存在するのかもしれません。

DSC03412amx6.jpg
組めました。
リムの重量は どちらとも量っていますが、
蟹光線亡き今それが明かされることはありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/01/15 08:59 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/01/16 19:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3180-7078c252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター