のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラ ウルトラ 35 チューブラー ダークラベルさん  

お客さんからボーラ ウルトラをお預かりしました。
DSC03578amx6.jpg
DSC03589amx6.jpg
お客さんが最初のオーナーではないこともあってか
「ハブとリムにCULTのラベルが無いのでニセモノかもしれません」
とのことですが、そんなことはありません。
まず私は、偽ボーラなるものが存在するかどうかも知りません(すっとぼけ)。

CULTのラベルについてですが、
まず このボーラ ウルトラは現行の最新モデルです。
リムのラベルは剥がせるタイプのステッカーではなく、
クリアの下に貼ってあります。
そして、現行モデルのリムにはCULT表記のラベルがそもそもありません
(ハイペロンやバレットのCULT仕様のモデルのリムには貼ってあります)。

ハブ胴に貼ってあるはずのCULTのステッカーが無いのですが、
そちらは剥がせるステッカーなので 前のオーナーが剥がしたのでしょう。

あと、リムの型番の形式からして偽物ということはありえません。

フロントの回転がゴリゴリするとのことですが、
これは単にボールレースに虫食いが出ているだけです。

DSC03579amx6.jpg
フロントハブを分解します。
玉当たり調整ナット側の中空エンドボルトが 先に外れてくれました。
新シャフトだいばくはつは起きません。
以後、こちら側を左側と呼ぶことにします。

DSC03582amx6.jpg
↑右ワンです。ひどいものではありませんが
虫食い(ボールレースに傷が付いた状態)があります。

DSC03583amx6.jpg
↑左ワンです。きれいですね。

DSC03586amx6.jpg
右ワンを抜きました。

DSC03584amx6.jpg
↑右ワン
DSC03585amx6.jpg
↑新品
ワンが虫食って 玉押しが無事だということも無いではないので
これだけでゴリゴリが無くなるなら 玉押しを交換しなくてもいいのですが、
ゴリゴリは無くなりませんでした。

DSC03581amx6.jpg
というわけで玉押しも交換します。
上の画像は交換前ですが、右側の玉押しの傷みは
目視では ほとんど分かりません。
交換した後に 回転がスルスルになったという事実で
直ったことを確認しています。

ハブの回転に 虫食いとは違うチリチリした感触がありますが、
これはまだ 当たりが出ていないだけです。
ついでに書くとリヤハブもまだ 当たりが出ていません。

DSC03587amx6.jpg
DSC03588amx6.jpg
センターゲージでギリギリ分かる程度のセンターずれがありますが、
ハブ分解前の暫定センターを見ていないことと
玉押しの圧入を強めにかけたことと
センタリングワッシャの食い込み具合が変わることから
元の状態では ずれていなかった可能性もあります。
振れはほぼ無しだったので ずれだけを修正しました

DSC03590amx6.jpg
リヤハブをオーバーホールします。
カンパニョーロのフリーボディとハブ体の間のシールは飾りも同然なので
簡単に浸水を許し、グリスが汚れて乳化します。
ハブ体のラチェット部分と右ベアリングの間のシールも すき間が大きいので
グリス不要のはずのボールレースにグリスが回ります。
雨の日にどれだけ使ったかにより 症状の進み具合は大きく変わります。

DSC03591amx6.jpg
右エンドナットを外しました。
フリーボディのベアリングの錆びが回っているのかと思いきや

DSC03593amx6.jpg
ハブシャフトのベアリング直下は きれいな状態です。

DSC03594amx6.jpg
右エンドナット自体からのもらい錆びでした。

DSC03595amx6.jpg
ハブシャフトと右の玉押しが滑っていた跡があります。
ハブの玉当たりにガタがあるまま乗った期間があるようです。
ボールレースは左右とも問題ありませんでした。

DSC03576amx6.jpg
DSC03577amx6.jpg
反フリー側のスポークにネオジム磁石がテープで貼ってあります。
スポークに熱収縮チューブを通して
この位置で固定してほしいということなので、
ハブからの距離を ノギスで採っておきます。

DSC03596amx6.jpg
ニップルにねじ山を1山だけかけた状態です。
DSC03597amx6.jpg
スポークヘッドがこのあたりになるので、
ハブシャフトを取り付けるとスポークが抜けません。
DSC03598amx6.jpg
なので先に 熱収縮チューブを通しておきます。

DSC03600amx6.jpg
(びふぉーは無いけど)あふたー
フリーボディの爪起こしバネは 交換していません。
全く歪みが無かったからです。

フリーボディの爪起こしバネは 高いパーツでは無いので
開けたら必ず交換ということにしてもいいかもしれません。
出先で壊れてエライ目に遭う確率を 最小限にすることができます。
が、傷んでいないパーツを交換するというのが嫌なので
今回は交換しませんでした。

シルベストサイクル京都店に
変速がおかしいということでバイクを預けて、後日受け取りに行ったら
「リヤメカのプーリーがダメだったので換えておきました」と言うので
お客さんとしては そこまで減っては無かったはずだけどと思いつつ
まあスタッフの人がそう言うので お金を払った、と
その2週間後にやっぱり変速がおかしいので見てくれと持っていったところ
別のスタッフが承って「プーリーがおかしかったので新品に換えました」
と言われたそうです。
変速がおかしい、という理由付けとして
「どこかのパーツの交換を要した」という話を
でっち上げないと気が済まないのか
上からそういう売り方を指示されているのかは分かりませんが、
一度目の交換すら必要だったのか疑わしい、
というのは百歩譲って忘れてやるとして
二度目は確実に無駄な買い物をさせています。
お客さんは「2週間前に ここで換えたところだけど・・・」と言わずに
おとなしく お金を払ってさしあげたそうですが。

DSC03618amx6.jpg
マグネットを固定しました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3194-5a24d0a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター