のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

R4SLハブで のむラボホイール5号を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC03638amx6.jpg
お客さんから EA90SLXの後輪をお預かりしました。
リムが反っており、横振れ取りを試みると
異常にゆるめないといけないニップルがあるので 修理ができません。
というわけで リムを交換することになりました。

あとの話を先に書くと、バラしたリムはガラスの定盤に当てて
歪みが顕著なのを お客さんに見てもらっています。

DSC03639amx6.jpg
R4SLハブはゴリっていることが非常に多い、と先日書いたところですが
今回は なんとか使い回せそうです。
スポークも使い回したいのですが、
EA90SLXのリムの内径はXR300以上XR200未満の
XR200寄りといったところで、
XR200だと スポーク長さが少し足りず組めません。

XR300だと スポークのねじ山側のプレーン部分が長めで
少し切れば使い回せるので、
のむラボホイール1号に組み換えようとしたのですが・・・。

DSC03640amx6.jpg
フリー側
DSC03641amx6.jpg
反フリー側
このホイール、スポーク長さが明らかに長いのです。
スポークのねじ山長さを特別に設定しているわけでもなく
ニップルも汎用品と変わりないので 明らかに長すぎなのですが、
今回は これのおかげで助かりました。

DSC03642amx6.jpg
DSC03643amx6.jpg
↑ニップル24個のうち21個までを丁寧にゆるめた
残り3個のうちのひとつです。
一切ニップルをゆるめていないので この状態で組み上がっていたわけですが、
ニップルの端面までで組み上げるなら3山、
すり割りの下までで組み上げるなら6~7山は余裕があります。
これのおかげで、XR200リムで組んだ場合に
すり割りを超える程度で組めることが分かりました。

DSC03644amx6.jpg
フリー側のスポークに、二ップルに固着気味のものがあったので
DSC03645amx6.jpg
洗いました。
ねじ山長さは汎用品そのものです。

DSC03668amx6.jpg
↑専用品の例として、、画像上はコスミックカーボンのもので13番なうえ長いねじ山、
下はWH-6800のものですが 中空ニップルを通してから
しんちゅうの臼で固定して(マヴィックでいうところの)ジクラルスポーク化
する形式なので臼にかけるぶんしか長さがありません。

DSC03646amx6.jpg
組めました。
赤アルミニップルは新調しています。

DSC03647amx6.jpg
リムの重量が70gほど軽くなったので、
以前のリムと比べると チューブの重量が無くなる感じになります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3197-fb4193c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター