のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アンジェリーノの後輪を組み直しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC03739e.jpg
お客さんから アンジェリーノの後輪をお預かりしました。
アンジェリーノとは ブリヂストンの子供乗せ自転車です。

DSC03743e.jpg
DSC03740e.jpg
スポークが何本か折れていますが、
それの交換だけでなく 総張替えをご希望です。

DSC03742e.jpg
スポークが特徴的な曲がり方をしているのは、
後輪にリング錠がかかったまま漕ぎ出した痕跡です。

DSC03741e.jpg
↑これは「空気ミハル君」というパーツで、
ゲージに赤が見えている状態だと
空気圧が低下しているというサインなわけですが、
推奨空気圧いっぱいで ようやく赤が隠れるくらいなので
ママチャリで赤が見えない状態を維持している
一般ユーザーは少ないと思われます。
ロードバイク並みに気を配れば 話は別ですが。

空気ミハル君とは なんとも安直なネーミングですが、
安直なネーミングに関しては私が言えた立場ではありません。

DSC03745e.jpg
組めました。

DSC03747e.jpg
サピム ストロング36H ロクロクJIS組み結線無しです。
ストロングは首下部分が13番スポークなので
首とびが非常に起きにくいスポークです。

DSC03748e.jpg
ニップルは、DTやサピムなど 工具のつかみしろの四角が
3.2mm対辺のものにすると修理がしづらいかもしれないので
3.4mm対辺の しんちゅうニップルにしました。

DSC03750e.jpg
スポークが短いように見えますが、
組み直し前と同じ長さにしています。
シングルウォールリムなので、
ニップルからスポークが出た場合 リムテープを突き破ります。
それの予防のための この長さです。

DSC03751e.jpg
36H JIS組みなのはいいとして、
バラす前に6本組みか8本組みか 見ておくのを忘れたのですが
長さを見るために切らずにおいたスポークの長さからして
6本組みに間違いないと思い 6本組みにしました。
8本組みなら長さが絶対に足りません。
もし8本組みの長さで6本組みをすると、仮組みの際に気づきます。

ハブ左側は、ローラーブレーキを固定している17mmナットが
オーバーロックナット寸法の左端になるので
スポークを通したあとは ブレーキを取り付けないとセンター出しができません。

ちなみに 上の画像の状態は「あふたー」で、

DSC03744e.jpg
びふぉーは これです。
リムもコンパウンドで磨きました。
磨いたあとにコンパウンドを拭き取っていますが、
もし残っていても 後輪はリムブレーキではないので
ブレーキが利かなくなるということはありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3206-7586d09b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター