のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

XR31Tリムとスターハブで後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC03866amx6.jpg
先日、24Hのスターハブに対して
28HのXR31Tリムをお預かりしていた件の続きです。
お客さんの注文は 間違いなく24Hだったので、
発送元の手違いということで 改めて
24Hリムが送られてきたものをお預かりしました。

DSC03867amx6.jpg
XR31Tにはリム穴が中央揃えではなく オフセット仕様のものがあり、
これはリヤ用としてオフセットリムになっています。

DSC03868amx6.jpg
スターハブ24H 黒半コンペニーロク組みです。
結線はやる予定ですが、なぜ結線をするのかという理由を考えれば
やる意味は薄いです。
反フリー側の最終交差がここまで不動になる例は なかなかありません。

超ハイローフランジだから左右のスポークテンションが近い!と
勘違いしがちになりますが、
左右のスポークテンションが近い理由はフランジ幅がやや狭いことが
そもそも大きいので 鵜呑みにしてはいけません。
あともちろん このホイールの状態だと オフセットリムや
左右異径組みが効いているというのもあります。

このリム、ワイドリムでもあるので リム穴をオフセットできる幅が
ナローリムより大きいという点も 反フリー側の硬さに現れていると思います。
非オフセットリムのXR300とスターハブで
半コンペと半チャンピの後輪を試験的に組みましたが、
XR300の半チャンピより XR31Tの半コンペのほうが
左右のスポークテンション差の是正度が間違いなく大きいです。
フリー側のスポーク比重の15%差より、
オフセットリムのほうが大要素ということですね。

先日も書いたように、
エボライトハブよりも 左フランジがフランジの厚み1枚ぶん以上
内側に寄っているDTのリヤハブが、
超ハイローフランジになったような感じといった寸法であり
ナローフランジの損失をハイローフランジで取り戻しているだけで
横剛性に関して言えば結局 同程度なのではないかと思います。
スポークの空力特性、ベアリングなどの入手性などで
一長一短あるかと思いますが
基本的には好みで選んでいいのではないでしょうか。


あと もうひとつ、重要なことを。
DTのスターラチェットのリヤハブは、
シマノフリーボディのスプラインのどん突きの寸法が
シマノ純正よりも かなり外に出ています。
そのため、DTのハブを採用しているボントレガーやFFWD、
あとライトウェイトの一部のモデルでは
「そのハブだけに合わせた変速調整」というのが必要になります。
マヴィックやカンパニョーロやイーストンやノヴァテックの
自称シマノ11S対応フリーボディは、そこまでの寸法差はありません。

で、実はそれと同じく スターハブも
フリーボディのどん突きの位置が シマノ純正よりも外に出ています。
言い換えれば、スプロケット全体が少し外側にずれる形になるということです。

DSC03869amx6.jpg
スターリヤハブには 0.5mm(当店調べ)のスペーサーが2枚付属していますが、
そもそもシマノ純正よりもスプロケットが外側になるスターハブに
スペーサーを入れる理由はありません。
ということは このスペーサーの用途は、
スターハブ以外のハブに入れて スターハブの寸法に近づけるためのスペーサー
と いうことになります。

いまノギスで調べたところ 右エンドからフリーボディのどん突きまでの深さは
エボライトハブで42.4mm、スターハブで41.6mmといったところでした。
10S以上になると0.8mmのずれは 変速不良に確実に現れます。

0.5mmのスペーサーというと、
シマノとカンパニョーロの11Sの互換性(→こちら)のときにも触れていますが、
0.7mmのスペーサーで安定供給されているものがあるので
0.7mmで すり合わせする場合もあります。

DSC03870amx6.jpg
↑それが これ・・・

DSC03871amx6.jpg
DSC03872amx6.jpg
すみません何か汚いものが写りましたが こちらです。
ホイールズマニュファクチャリングのBSCのBB用0.7mmスペーサーで、
当店の売価で1枚360円(税込)です。

DSC03873amx6.jpg
DSC03874amx6.jpg
DSC03875amx6.jpg
BSCのBBは 右が逆ねじ・左が正ねじですが、その左のねじと
ボスフリーハブやトラックハブのギヤ取り付け部分のねじは同サイズです。
シマノがフリーボディハブを最初に出したとき、
スプラインの山の高さを ボスフリーのねじ山の径と同じにしたので
BSC(JIS)サイズのBBスペーサーは フリーボディのスペーサーになりえます。
逆に、10Sスプロケットの奥に入れる1.0mmロースペーサーを
BBのスペーサーにすることもできます。

というわけで、
スターハブと それ以外の大多数のハブとのすり合わせは
スターハブ付属の0.5mmスペーサー1~2枚でするよりも
ホイールズマニュファクチャリング1枚のほうがいいかもしれません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/02/05 09:33 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/02/07 22:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3217-0a4d06d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター