のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ビームチャートが便利です  

キャットアイのライトですが、
例えば VOLT1600や VOLT400の最高に明るいモードは
ペットネーム通りに1600ルーメンであるとか
400ルーメンであることは分かります。
ところが、それより下のモードが どれくらいの明るさであるのかは
実は 紙のカタログにも 説明書にも
メーカーサイトでの「詳細仕様」のタブにも一切書いてありません。
各モードの連続使用時間についての記述はあります。

では どこにも書いていないのかというと、
製品のパッケージにのみ表記があります。
なので 箱を捨てれば終りです。

という問題が、先月からキャットアイのメーカーサイトにある
「ビームチャート」という項目で一気に解決しました。

16001600.png
↑これは VOLT1600のハイ(1600ルーメン)のビームチャートですが、
左右それぞれに画像を分割する線があり、
別のライトや 別のモードの明るさを比較することができます。

60000400.png
左をVOLT6000のハイ、右をVOLT400のハイにしました。
これによって明るさの比較ができますが、
それだけでなく左右の分割線自体を動かすこともできます。

60001600.png
これは 左がVOLT6000のオールナイトで
右がVOLT1600のミドルですが、どちらも500ルーメンです。

60001600l.png
↑左側に分割線を寄せました。端いっぱいに寄せることもできます。
VOLT1600の500ルーメンです。
60001600r.png
↑右側いっぱいまで分割線を寄せました。
VOLT6000の500ルーメンです。

500ルーメンという光束に対して照射範囲が違うので、
画像の舗装してある部分に限れば VOLT1600のほうが明るい、
ということが分かります。

ビームチャートの画像の下に各モードの明るさ(エコノム系は除く)と
連続使用時間の表記があるのも助かります。
これ以前だと本当に パッケージ以外には無かったので。

ビームチャートの対象モデルは
VOLT系の現行モデル(1200や700や300や100は無い)と
エコノム系に限られますが、それでも十分 有用です。

category: キャットアイのステマ

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/02/11 12:50 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3225-917162d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター