のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

SES3.4さん  

お客さんから スマートエンヴィシステム3.4 WOリムと
パワータップの前後ハブで組まれたホイールをお預かりしました。
DSC04026amx6.jpg
DSC04033amx6.jpg
前輪が35mm高リム、後輪が45mm高リムで リム幅も前後で違います。

DSC04030amx6.jpg
フロントハブもパワータップです。

DSC04029amx6.jpg
DSC04028amx6.jpg
前輪は けっこうなセンターずれがありました。
リムが空く側で当てると ゲージがガランガランと鳴ります。

来店されてから伺うまでに 少し時間があったからかどうかは分かりませんが、
乗ってきたにも関わらず 前輪がパンクしていました。

DSC04031amx6.jpg
原因は たぶんこれです。
パワータップのリムテープが付けてありますが、幅が全く合っていません。
スマートエンヴィのWOリムには 専用幅の(ちゃんと前後で幅が違う)リムテープが
付属しているはずですが、組み手にガメられているようです。
それは別として、幅が合っていないのは
これを取り付けるときに気付きそうなものですが・・・。

修理には お客さんのサドルバッグのスペアチューブを使おうとしたのですが、
携帯工具か何かで突いたのか 2本とも穴があいていました。

このホイールの組み手はアメリカ人だと言い当てましたが、

DSC04034amx6.jpg
ロードバイクの後輪を 逆イタリアン組みするのは アメリカ人くらいです。

後輪は、反フリー側が明らかにヌルい(と思った)のですが
フリー側は袋小路まで張られており、
リムがフリー側にガッツリずれていることを期待して
(その場合 反フリー側が張れるので)センターゲージを当てたところ、
確かにフリー側には寄っていましたが紙1枚といったところです。
ほぼ出ています。
つまり ヌルいと思っていたのは気のせいで、
この寸法のハブでの24H 全CX-RAYヨンヨン組みは
最大に努力しても この程度というわけです。

もし手組みホイールの限界が この程度であるなら、
確かに 理に適った完組みホイールのほうがいいですね。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3236-a38c73c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター