のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ペダリングモニターのマウントにDi2のJC台座を追加しました  

お客さん(一応)から タイムのフレームをお預かりしました。
DSC04106amx6.jpg
ダウンチューブに通っているコードに
ゲジゲジ(暴れ止めのタイラップ)を付けていないので
振動で音が鳴るのを何とかするのと、
ダウンチューブ下の外装バッテリーを外して
シートポストに内装バッテリーを取り付けてほしいということです。

作業前の上JCはSM-EW67A-E、
私が勝手にゴキジャン(※)と呼んでいるジャンクションですが、
これは充電用のポートが無いので内装バッテリーでは使えません。

※ゴキブリジャンクションの略

DSC04107amx6.jpg
で、上JCをEW90にすればいいのですが、
ちょっと取り付きそうではありません。
コラムスペーサー型のアダプターを付ければ解決しそうですが、
タイムはヘッドパーツのトールキャップまでで
ヘッドセットのプレッシャーを完了しているので
アダプターが固定できないのです(→こちら)。
今回は、パイオニアのペダリングモニターSGX-CA500のアダプターが
ハンドルバーに付いていたので、そこに上JCの台座を増設することにしました。

タイムのステムに交換する場合は、スタックハイトが高いので
現状のフォームコラムから ほぼ全てのスペーサーを抜く必要があります
(入れても2mmくらい)。

タイムのステムは 胴体裏側にブラインドリベットを
打ちこむ穴があいているものもありますが(→こちら)、
このフレーム用のステムは 穴なしだったので
ステムの交換に関係が無い形式で上JCを取り付けることにしました。

DSC04098amx6.jpg
このようなアルミ板を作りました。

DSC04099amx6.jpg
ブラインドリベットを打ち込んで台座を固定しました。
間にゴムを噛ませてあるので動くことはありません。
という確認のために打っただけで このリベットはドリルで外します。

DSC04101amx6.jpg
DSC04100amx6.jpg
ペダリングモニター裏の謎のねじ穴2つに 長いM3皿ねじを取り付け、
任意の位置に決めてから 双方にナットを利かせるという方式です。

DSC04102amx6.jpg
DSC04103amx6.jpg
取り付けました。持ってゆすってみましたが、
かなり しっかりしています。
サイクルコンピュータ本体の着脱と鍵かけにも問題はありません。

DSC04104amx6.jpg
DSC04105amx6.jpg
上JCの台座を取り付けました。

DSC04108amx6.jpg
↑作業前後の状態
ペダリングモニターを使っている人のDi2率は
そこそこ高いと思われますので、
パイオニアはこの謎ねじ穴用のアダプターを出すべきです。

DSC04109amx6.jpg
逆だった。

これがダメというわけではないですが、
今回の場合はコードが後ろ向きに出るほうが見た目がいいです。

DSC04110amx6.jpg
向きを変えました。

DSC04112amx6.jpg
↑こんな感じ
次からはレックマウントを買え
アフィリエイトで信者かっているらしいじゃないか


DSC04113amx6.jpg
台座の先が折れていますが、これは元からです。
パチンとはまる部分は生きているので 固定に問題はありません。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3248-77c86382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター