のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コメットさん  

このブログで、お預かりしたホイールを「(ホイールの名前)さん」にしたのは
コメットさんと言いたかっただけ(→こちら)なのですが、
これが2回目のコメットさんです。
DSC04391amx6.jpg
MAVICのステッカーは頑張って剥がしたそうです。
振れ取りや センター出しはできません。
フリーボディの内部抵抗が異常に大きく
半分 固定ギヤのような挙動になっているので
バラして見てみることになりました。

DSC04387amx6.jpg
ねっとりとしたグリスが入れてあって、しかも汚れています。

DSC04388amx6.jpg
ろくろみたいになってます。

DSC04389amx6.jpg
お客さんがしたことかどうかは知りませんが、
デュラエースグリスをカンカンに充填してあります。
マヴィックのフリーボディの中に差すのは 専用オイルでないといけません。

DSC04390amx6.jpg
洗浄して 専用オイルを入れて フリーボディを取り付けました。

DSC04392amx6.jpg
このコメット、反フリー側にバルブ用の穴があいていない仕様で

DSC04393amx6.jpg
ハブ部分は575なので そこそこ古い年代のものです。
これ以降のコメットはMAVICステッカーを剥がせなかったと思うので
そのあたりの仕様も違うようです。

575というのはマヴィックのハブセットの品番ですが、
570というモデルが自社規格のフリーボディになっている
マヴィック初のフリーボディハブになります。
興味のある方は「MAVIC 570 hub」で検索してみてください。
全ネジ式のフリーボディで、ボスハブのギヤ部分だけを
フリーボディにねじ込むような方式になっています。
ちなみに 550はボスハブです。


おまけ
DSC04397amx6.jpg
↑画像上のクイックは「マヴィックのクイック」らしからぬ見た目ですが

DSC04398amx6.jpg
実は・・・

DSC04399amx6.jpg
マヴィックのクイックです。
これは570のクイックと同じものですが、
厳密には571/2というハブに付いていたものです。
571/2はフリーボディのスプラインに ギヤを一枚ずつ通していくという
現行と同じ方式ですが、スプラインの形状が自社規格なので
専用のスプロケット(8S)が必要だという難物です。
時代でいうと 無線電動コンポのメカトロニック・・・の前に出ていた
ZAP(ザップ)システムや 「鏡餅」という通称のSSC631クランクセットと
同時代のものになります。

今回のコメットは575ハブで FTS-Lフリーボディ仕様なので、
現行品と互換性があり スプロケットなどで悩む必要がありません。
FTS-L 11Sフリーボディにしてあるので
現行コンポと合わせて使えます。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3282-72a1cad9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター