のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ヨンゼロ組みを組み直しました  

お客さんから 50mm高カーボンチューブラーリムの後輪をお預かりしました。
DSC04431amx6.jpg
エボライトハブ24H 全黒CX-RAYヨンゼロ組みですが、
まだヌルいので 組み直してほしいということです。

DSC04432amx6.jpg
「まだ」というのは、このホイールを触ったときに
ヨンゼロ組みは別として 異常に張っていることに気付き、
このホイール組んだやつ よくここまでビビらずに張ったなと思ったのですが
これは2年ほど前に お客さんの希望で 私が増し締めしたらしいです。
そ、そうか・・・これでアカンか・・・。

DSC04499amx6.jpg
組めました。

DSC04501amx6.jpg
ハブとリムは同じで、黒半コンペヨンロク組み結線ありです。
このリムは50mm高で354gだったので、
38mm/347gの のむラボホイール2号のリムより
ハイト/ウェイトレシオが優れています。
のむラボホイール2号のリムと違い、リムサイドを押すと
開けていないビール缶のようにペコペコと凹みますが、
このリムは のむラボホイール2号と同じ程度まで張れることを
何故か私は知っているので ホイール体としての硬さは
同じようなものです。スポークが短いぶんだけ多少 上かもしれません。

フリー側の黒コンペですが、これが絶妙な長さだったので 組むのが遅れました。
日本の代理店が常備している黒コンペは
254~266mmと292~300mmの2mm刻みとなっています。
これはそれぞれ26インチMTBリムと ローハイト700Cリムを
6本組みした程度の長さにあたります。
そこで最短長さの254mmと最長長さの300mmを
当店では常備しているのですが、もし スポークカッターで
300mmから255mmを切り出せるなら(マイナス45mmが可能なら)
その間の長さを在庫しなくてもいいことになります。
ところが コンペがカットできる長さは 私の内規で25mmほど、
実際は 254mmと300mm以外に292mmも常備しているのですが、
今回のフリー側の長さは254mmより長く 292mmからは切り出せない長さでした。
つまり、常備する長さをもうひとつ増やす必要があり
266mmも常備することにしました。
今までこの長さは どーしてたんだというと、常備を意識していないものの
コンペの266mmを持っていたり、サピムのレースで代用したりです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3293-a03fcd65
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター