のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コメントのお返事(ビードフックについて)  

昨日の記事、レーシングゼロ「チューブラー」について
作業前にビードフックの変形が無いか確認したと書いたことについて

「チューブラー仕様なのにビードフックのダメージを確認したとは、
どこの事を仰っているのでしょうか?」
というコメントをいただきました。
確かに おっしゃる通りです。チューブラーリムにビードフックはありませんね。
リムの角のラインに変形が無いかどうか確認した、
という意味だということで お許しください。

ではなぜ ビードフックと書いたのかについてですが、
最近ちょっと 痛い目を見たからです。

DSC04427amx6.jpg
お客さん(一応)からレーシングゼロ(WO)をお預かりしました。
最初のオーナーは お客さん(一応)ではありません。
最初のオーナーが別の人にずっと貸しっぱなしにしていたものを、
最初のオーナーの指示で 借りっぱなしの人から譲渡されたというのが経歴です。

その際、借りっぱなしの人から最初のオーナーの手には
戻っていないと思われます。

DSC04428amx6.jpg
ハブをピッカピカに洗浄したのですが、

DSC04429amx6.jpg
DSC04430amx6.jpg
それからビードフックの変形に気がつきました。
あっばっばあばばあっばあああ

リム交換の費用をかけてまで 使う気はないということなので
後輪はポイになりました。

ということが ほんの数日前にあったので
昨日のレーシングゼロも 事前にチェックしたのです。

コメントありがとうございました。

DSC04537amx6.jpg
ちなみに前輪ですが、ほとんどのニップルが固着しており 回せません。
スポークがバツーンしたら ごめんな!と言いながらニップルを回した瞬間

DSC04538amx6.jpg
やはり バツーンしました。

DSC04637amx6.jpg
ゆるめられるニップルだけは ゆるめて、
ハブの引っかけを解いて ハブを抜きました。
これでニップルが回らない理由のうち、
スポークテンションのぶんは排除できたことになります。
が、これでも 回らないニップルがけっこうあります。
固着しているものの 振れほぼ無し、センターずれ無しであれば
「これで乗っといてちょうだい」でいいのですが、
最初の状態で 看過できない量のセンターずれがあったので
少なくとも片側全てのニップルを回す必要があります。

直りません、とは言えない政治的理由がある相手なので
何としても直しはしますが・・・。
相方の後輪は「のむミックカーボン」を使うとのことです。
あの呪われた後輪の現所有者が このお客さん(一応)だということを
初めて知りました。
のむミックカーボンについてはここで書いたことはありませんし、
今後 書くこともありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2017/03/26 12:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3303-c3755cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター