のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

シャマルウルトラのリムを交換しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC04722amx6.jpg
お客さんから 初代シャマルウルトラの後輪をお預かりしました。
以前に これの前輪のリム交換をしたことがあるのですが、
金シャマルのリムは廃版なので 黒シャマルのリムで補修しています。

リム交換~助けてちょんまげまでは(→こちら)、
助けてちょんまげの顛末は(→こちら

この後輪も、前輪ほどではないにせよ ビードフックの変形があるので
もし修理が可能なら直してほしいとのことです。

DSC04723amx6.jpg
びふぉー
DSC04724amx6.jpg
あふたー
けっこうきれいに直りました。
お客さんの第一希望が「黒リムへの交換」でなければ この状態でも十分に使えます。
ただ、今回のリム交換が完了した時点で お客さんの手には
金シャマルが1ペア、黒リム化した元 金シャマルが1ペアという状態になるので
前者の補修用にするということです。

DSC04725amx6.jpg
DSC04726amx6.jpg
金シャマルですが、リムとステッカーの供給は終了しております(生産終了&在庫無し)。
スポークのみ入手可能ということなので、
今後の修理に際して フロント・リヤ右・リヤ左用の それなりの本数を仕入れておきました
(これ以降のシャマルウルトラ(メガG3)はフロントとリヤ右が同じ長さで共有ですが、
初代は3種類のスポーク長さになります)。
結局は杞憂でしたが、作業中にスポークが折れた場合に
すぐ対応できるようにしておきたかったというのも理由です。

上の画像、ステッカーが ペリッていますが 同じステッカーは廃版です。

DSC02231amx6.jpg
↑これは以前に修理した相方の前輪です。
このリムはステッカー無しが仕様となり、
シャマルウルトラのダークラベルステッカーを後から貼っています。
ステッカー無しなのには理由があり、
このリムは シャマルウルトラとユーラスとで同じ品番だからです。

リヤホイールがメガG3化して以降は
シャマルウルトラはカーボン胴ハブ/USBベアリング、
ユーラスはアルミ胴ハブ/鉄球ハブという点が仕様違いで リムは同じものです。
この辺りの差別化が難しいと思ったのか
フルクラムではレーシング1を廃版にしています。

DSC04728amx6.jpg
DSC04729amx6.jpg
メガG3以前では、シャマルウルトラとユーラスでリムが違います
(ユーラスがしんちゅうニップル仕様でリム穴径がやや小さい、
リムの切削が 角いか丸いかなど)。
なので シャマルウルトラ「専用」リムであるメガG3以前の このリムは
始めからステッカーが貼ってあるのですが、

DSC04727amx6.jpg
「この当時のリムで、これの相方のダークラベル」という
組み合わせは純正には存在しないので

DSC04731amx6.jpg
DSC04730amx6.jpg
作るしかありません。

DSC04733amx6.jpg
金リムに黒リムをくくりつけて スポークのお引っ越しをすれば
作業的には楽なのですが、ハブ体を洗いたいのでバラしました。

DSC04734amx6.jpg
シマノ10Sフリーボディが付いていますが、
これは 11Sフリーボディへの交換をご希望です。
スプラインに付いている茶色いのは錆びではなく、
チタンネジなどの焼き付き防止に使う 銅粉入りのプレップグリスです。
塗布した意図は知りませんが。

DSC04735amx6.jpg
フリーボディの爪起こしバネは 要交換な程度に変形していますが、
フリーボディそのものを交換するので そのままにしておきます。
一応 洗浄はしてます。

DSC04736amx6.jpg
ハブを超音波洗浄しました。

DSC04737amx6.jpg
↑右がフリー側、左が反フリー側のスポークです。

DSC04738amx6.jpg
びふぉー
DSC04740amx6.jpg
あふたー
スポークも可能な限り洗いました。

DSC04741amx6.jpg
この時代のアルミニップルですが、めっきが剥げてきます。
実際、多少は表面がわいていますが それほどひどくないのと
バラす際に固着ニップルが ひとつも無かったので
洗浄して使い回すことにしました。

DSC04751amx6.jpg
フリーボディ無しで ほとんど組めました。

DSC04753amx6.jpg
最終的なセンター出しに フリーボディが必要なので
組み上がりまでには取り付けています。

DSC04752amx6.jpg
組めました。
DSC02231amx6.jpg
相方の画像を並べてみました。

DSC04756amx6.jpg
金シャマルの前輪も同時にお預かりしていて、
これも オーバーホールをご希望です。

DSC04754amx6.jpg
ハブとリムにジットリとした油汚れのようなものが回っていました。

DSC04755amx6.jpg
ハブのオーバーホールをしました。
再組み立て後 うっすらセンターずれありでしたが、
幸いにもちょっと振れていたので 振れ取りついでにセンター出しができました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/3315-c81df99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター